エルフが始める森林開拓 ~我らが世界も拓いて見せよう~ (外部サイトで読む

TAKAMA

大切な人を失い、エルフの力の衰退を痛感する主人公。その原因はまさか……私達の森!?
失うものと得るものの両方から問いかけられる「誇りで命を救えますか? 命に代わる何かはありますか?」という問い。
森と共に生きる。そんなエルフの概念を捨ててまで目指したものとは……。

森林開拓はエルフさんのご乱心なのか、それとも必要な犠牲なのか。エルフは今日も森と生きていく。

注釈)この作品における種族は北欧神話や様々な書籍からの特徴をかき集めて、に詰めたうえで面白おかしく書かれています。一種の異世界種族解剖としてもお楽しみいただけます。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    注釈
    種族
    我ら
    エルフ
    衰退
    森林開拓
    北欧神話
    犠牲
    一種
    ご乱心
    まさか&hellip
    概念
    異世界種族解剖
    主人公
    両方
    うえ
    エルフさん
    書籍

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち