穢れを祓って、もふもふと幸せ生活 (外部サイトで読む

ありぽん

 橘晴人(たちばなはると)中学1年生は、1年前に事故により両親を亡くし、叔父の家へと引き取られ暮らしていた。
 叔父はいくつもの会社を経営する資産家であったが、引き取った晴人を良く思っていなかったため、いつも邪険に扱い、晴人はいつも肩身の狭い思いをしながら、毎日を過ごしていた。
 そんなある日、晴人は叔父に頼まれた用事を終わらせるため、急いで叔父の仕事場に向かっていた。ところが、一瞬強い光に包まれたと思ったら、次の瞬間晴人は知らない場所に立っていた。しかも体が小さくなるというオマケ付きで。「ここ、どこ?」 
 しかも晴人には珍しい力も備わっていて…。 

 
これは異世界に飛ばされて、小さくなってしまった晴人が、たくさんのもふもふな生き物とも出会い、その生き物達とマッタリ生活?するお話です。序盤こそ中学生らしいハルトですが、次第に精神年齢が肉体年齢に引っ張られ幼児化中です。

 更新速度ですが、メインの「優しい家族と…」を進めながらになるため、間が開く場合があります。ご了承下さい

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハルト
    橘晴人
    肩身
    叔父
    仕事場
    序盤
    用事
    生き物
    マッタリ生活
    オマケ付き
    両親
    中学生
    肉体年齢
    生き物達
    メイン
    事故
    精神年齢
    一瞬強い光
    瞬間晴人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち