調香師・フェオドーラの事件簿 ~香りのパレット~ (外部サイトで読む

鶯埜 餡

 この世界における調香師とは、『香り』を扱うことができる資格を持つ人のこと。医師や法曹三資格以上に難関だとされるこの資格を持つ人は少ない。


 エルスオング大公国の調香師、フェオドーラ・ラススヴェーテは四年前に引き継いだ調香店『ステルラ』で今日も客人を迎え、様々な悩みを解決する。

 同時に彼女は初代店主であり、失踪した伯母エリザベータが彼女に遺した『香り』を探していた。

 彼女と幼馴染であるミール(ミロン)はエリザベータの遺した『香り』を見つけることができるのか。そして、共同生活を送っている彼らの関係に起こる――――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エリザベータ
    ステルラ
    ミロン
    フェオドーラ
    伯母エリザベータ
    客人
    ミール
    フェオドーラ・ラススヴェーテ
    パレット
    幼馴染
    エルスオング大公国
    初代店主
    事件簿
    調香師
    彼ら
    医師
    調香店
    資格
    法曹三資格以上
    彼女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち