蛍火を弾丸と共に撃て (外部サイトで読む

藍谷 紬

2450年、遠い未来。政治的思惑と私欲のために科学を使う。
生まれてしまった「意図的」で「決定された」生命の偽りの「再起動」。
カギを握るのは一冊の本。そこに記されているのはいったい何なのか。
人の命は死ぬまで輝き続ける。そして死しても尚、人の心で輝く。まるで蛍火のように。
大学生の古場と山中と夢橋。

「死」を受け入れて、人は「英雄」になるのだ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    蛍火
    古場
    私欲
    再起動
    偽り
    山中
    思惑
    弾丸
    英雄
    カギ
    大学生
    遠い未来
    生命
    科学
    夢橋
    2450年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち