混沌時代で傀儡子記 -リモータル・ヒューマンフォーム・サバイバルゲーム- (外部サイトで読む

美莉亜

 西暦2067年、少子高齢化が進み日本の総人口は減少し外国人移民が増える中、オゾン層破壊や大気汚染など環境悪化に伴い生身での外出が難しく暗黒時代を迎えてる。
医療分野ではナノマシン技術の進化で2000年代初頭には難しかった治療などが確立された。
そして、脳神経細胞の一部をナノマシンと結合できるようになり電脳化が加速したのである。

 そんな中登場したのが『リモータル・ヒューマンフォーム《Remortal Humaniform》』で
並行遠隔存在拡張機器《テレイグジスタンス・システム》を使い精神アクセスし自分の分身として外での作業を可能とした存在だ。


近未来SFサイバーパンクアクション作品。 リモサバ宜しくお願いします。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    リモータル
    Remortal Humaniform
    リモータル・ヒューマンフォーム
    テレイグジスタンス
    ナノマシン
    近未来SFサイバーパンクアクション
    テレイグジスタンス・システム
    傀儡子記
    オゾン層破壊
    並行遠隔存在拡張機器
    リモサバ
    脳神経細胞
    ナノマシン技術
    外国人移民
    少子高齢化
    大気汚染
    生身
    分身
    暗黒時代
    医療分野

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち