四天王最弱の俺、魔王軍をクビになる。~でも、ホントは伝説の勇者でした~ (外部サイトで読む

あざね


「レクロム、お前は四天王の面汚し……」

 四天王である魔族――レクロムは、突然の戦力外通告を受ける。
 最弱と呼ばれ、雑用や事務処理ばかりをさせられていたレクロムは、失意のうちに魔王軍を後にすることとなった。そして、いつの間にか魔王城から遠く離れた森を歩いていた彼は、ある儀式に遭遇する。

 それは、勇者選定の儀だった。

「貴方が――勇者様っ!」
「え、俺が……!?」

 流されるままに聖剣アディアを引き抜いたレクロムは、勇者であると祭り上げられる。そして、そこから彼の運命は大きく動き始めるのであった……。

 一方、レクロムを失った魔王軍は衰退の道をたどることとなる。
 何故ならば彼が今までこなしてきた事務仕事は膨大な量であり、慣れない他の四天王では対処できなかったためである。さらには、魔王に許可なくレクロムを追放した四天王たちは、手酷い制裁を受けることとなってしまう。

 この物語は、魔王軍を追放された魔族が勇者となり、その潜在能力を開花させる物語。そして、過去に自身を見捨てた者たちへの逆襲の物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    レクロム
    四天王
    魔王軍
    勇者
    聖剣アディア
    魔族
    手酷い制裁
    面汚し
    戦力外通告
    許可なくレクロム
    勇者選定
    物語
    失意
    四天王たち
    潜在能力
    魔王城
    雑用
    逆襲
    事務処理
    衰退

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち