彼らは現代ダンジョンで命をかけるようです

黒柴分隊

ここで死ぬ、命をかけて。

誰もが命をかけて生きている。人間も、怪物も、ここにいる何もかもが。

最も、死に近く、生に溢れる、人類の最前線。

明日の食の為に、名誉の為に、誰かの為に、夢の為に、未来の為に、自分の為に。あるいはー

生きて、死んでいく。

西暦2025年、世界は変わった。
終わりのないはずのゼロサムゲームは突如としてあっけなく終わりを迎えた。
これまで人類が直面していた様々な課題。

戦争、飢饉、差別、国境、異常気象、温暖化、人口問題、エネルギー問題。

本来ならば長い年月を掛けて解決していくはずだった、様々な課題を根こそぎなかったことにしてしまう反則の時代が遥か深く地下からやってきた。

その場所の莫大な利益が倫理を駆逐する。

その場所に人々は熱病にかかったようにに集まる。

数多の人類の宝を孕み、怪物を生み出し、そして人類を時に進化させるそれは

現代ダンジョンと呼ばれた。

数千の牙、毒の爪、臭い息、恐ろしい唸り声。巨大な足跡。不気味な目。大きな耳。人ならざる殺意。違う世界との争い。

それら全てを切り裂き、時には欺き、全てを手に入れる為に今日も探索者は、
彼らは命をかけるー











  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    倫理
    反則
    現代ダンジョン
    誰か
    人類
    怪物
    恐ろしい唸り声
    ゼロサムゲーム
    異常気象
    熱病
    飢饉
    課題
    彼ら
    温暖化
    何もかも
    最前線
    数多
    殺意
    終わり

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

https://ncode.syosetu.com/n5139ew/


こちらのサイトで公開しています。

毎日夜の更新予定です