便利屋カラスは妖精と踊る (外部サイトで読む

笹野葉ななつ

 妖精姫の美しい詩に誘われ、不思議な男は事件へと巻き込まれていく!

 魔法が溢れた現代日本。そこはたくさんの異世界人が溢れていた。魔法が遅れているためか、人々は異世界人に頭が上がらない。
 そんな中、異世界人と取引をする青年がいた。
 トラブルメーカーとして知られる青年は〈便利屋カラス〉と呼ばれ、様々な事件に関わっていく。

 これは笑えて、だけど時々泣ける物語。
 思い悩み、様々な葛藤をし、答えを見いだせない人々を幸せへと導いていく奇妙なカラスの物語である!

◆◆◆◆◆

この作品は『小説家になろう』『カクヨム』『エブリスタ』にも掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    トラブルメーカー
    エブリスタ
    異世界人
    便利屋カラス
    カクヨム
    妖精
    青年
    魔法
    小説家
    人々
    事件
    美しい詩
    妖精姫
    葛藤
    現代日本
    取引
    物語
    答え
    たくさん
    作品

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち