泡沫に消えゆく (外部サイトで読む

mayuzumisoru

黒スーツの怪しげな男たちに追われて、気がつけば異世界に迷い込んだ。
はじめは言葉も通じず、夢ではないかと疑いもしたが、苦労しつつもどうにか生きていくことができていた。
そんな彼女にも、この世界に居場所ができはじめる。拙い言語でも一生懸命仕事を教えてくれたパン屋、本当の血の繋がった家族のように暮らしてきたとある一家。
この世界に迷い込んだ理由も忘れて、幸せな日々を過ごしていたが、その日常は突如として少女から遠ざかっていったのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    拙い言語
    泡沫
    居場所
    パン屋
    スーツ
    一生懸命仕事
    一家
    少女
    はじめ
    日常
    彼女
    男たち
    理由
    日々
    家族
    言葉

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち