転移したうちの生徒会が強すぎる件

天宮暁

間近に控えた文化祭の準備に追われる白陽学園生徒会は、突如、異世界に召喚される。
「勇者たちよ、余の野望の実現のための手駒となれ」
野望を抱く王の要求に、(主人公を除いて)傑物揃いの役員たちは、顔を見合わせ即座に答えた。
「断る」
かくして、無法王国との戦いの火蓋が切られたのだが……
あれ? うちの生徒会、強すぎじゃね?

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち