僕の名は。 (外部サイトで読む

おねこ。

 金色の目を持つ種族、金色一族はその特殊な目を持つことから人々に忌み嫌われ。
 そして、その瞳は魔力を上げる強力なアイテムであることから魔力増殖機として……
 また、その美しい瞳は、美しいものであることから高級品として扱われることも多い。
 金色一族の瞳を取るため、沢山の盗賊が襲いに来た。
 しかし、金色一族はその強力な魔力で返り討ちにしていた。
 それがため、金色一族の瞳は、さらなる価値が着いたのだ。
 金色一族が、旅に出かけるときぐるぐるメガネを寄与する儀式が行われる。
 それは、真実と偽りを見分けれる不思議なメガネだ。
 金色一族は、お人好しですぐに人を信じてしまうモノが多く最初から武器を持ったものには強いが……
 武器を持たず騙そうとするモノには弱く、金色一族は何人かの同胞を失っている。
 そんなある日、ひとりの旅する金色一族の若者が禁書に触れる。
 するとその若者が来た世界は自分がいた世界と全く別の世界だった。
 若者は異世界に来た衝動で自分の持っていた100を超える武器と名前、そして記憶を失ってしまう。
 何も知らない若者は、全てのことがわからない。
 気づいたときには、奴隷商人に捕まり売られようとしていた。
 若者は、そこで異世界のインテリジェンスソードの狂音と出会う。
 若者の姿に一目惚れした狂音は、名も忘れた少年にフェニーチェという名前を授ける。
 フェニーチェにはひとつだけわかっていることがあった。
 それは、失った武器を取り戻したとき記憶が戻るということだった。
 フェニーチェは、失った記憶と武器を探すために狂音と共に新たなる大地にて旅を続ける。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    フェニーチェ
    金色一族
    何人か
    異世界
    魔力
    若者
    武器
    インテリジェンスソード
    狂音
    メガネ
    返り討ち
    魔力増殖機
    奴隷商人
    記憶
    禁書
    同胞
    盗賊
    種族
    偽り
    美しい瞳

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち