維管束に流れる (外部サイトで読む

カミハテ

維管束:種子植物とシダ植物の根・茎・葉を通じて発達した通道組織。
水分の上昇路である木部と,養分の通路となる師部からなる。管束。
【大辞林 第三版より抜粋】

※以下、あらすじと簡単な注意喚起。

第二次世界大戦は、連合側ではなく、枢軸側の勝利に終わった。
国境という概念は壊され、あらゆる人種が混ざり合うようになった世の中で、
台湾をルーツに持つ青年・ユーヒェンは天才生物学者・篠田しのだ丞じょうと大学構内の丘で偶然『出会う』

しかし実はユーヒェンは丞に心酔しており、友人になる機会を数年前から伺っていたのだった。
目論見通り彼の友人になることに成功したユーヒェンは、彼と過ごす時間をこの上なく喜び、尊ぶ。

一方、地球の大地には得体の知れない『何か』が現れていて……。

青年の歪んだ友愛が、世界を巻き込む。セカイ系・サイエンスフィクション。



※男から男への行き過ぎた愛情表現が少々見受けられます。
※あと触手とか出ます。趣味です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ユーヒェン
    維管束
    篠田しのだ丞じょう
    シダ植物
    師部
    サイエンスフィクション
    大辞林
    通道組織
    青年
    天才生物学者
    木部
    種子植物
    ルーツ
    あらすじ
    友愛
    枢軸側
    目論見通り彼
    養分
    触手
    得体

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

「メクる」(http://mecuru.jp/)投稿作品。