四煌の顕現者 (外部サイトで読む

祐夢猫世乃/亞彪亜珠

 詠唱途中で能力が発現してしまう。
 能力の発動が「速すぎた」ばかりに『素質なし』とされ、友人・幼なじみ・家族に捨てられた少年は性格を大きく歪めてしまい深い闇を抱えてしまう。

 5年後、名前を「八龍ゼクス」と変え、容貌も変わった少年は育成機関である八顕学園へ足を踏み入れた。
 
 一緒に入学した「元」友人を見返すために。
 同時に、もう一度「生まれ変わる」ために。

 ゼクスの学園生活が今、始まろうとしていた。

「俺が満足するまで。俺はお前達を……絶対に許さない」

 これは環境に、状況に、才能に。
 何らかの「事情」を抱え、生きてきた少年少女たちの学園記録である――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    八顕学園
    八龍ゼクス
    少年
    幼なじみ
    容貌
    能力
    詠唱途中
    顕現者
    素質
    育成機関
    友人
    少年少女たち
    発動
    学園生活
    才能
    事情
    性格
    お前達
    四煌

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち