バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

知代の場合


「ふうん。この制服わりかしいいじゃない」
 姿見の前で蛇穴美鱗(さらぎみうろ)が勢いよく回ると腰まで長い糸のような銀髪がさらさら揺れた。
 明るいグレーのブレザーは赤いリボンタイがよく映え、同色系のチェック柄のスカートがかわいらしさに華を添えている。
 美鱗はご満悦の表情で鏡を覗き込んだ。
 眉毛の上で切りそろえられた前髪の下には異常に大きな銀色の目が怪しく光っている。
「知代ちゃん。早くしないと遅刻するわよ」
 階下からの声に美鱗が「はあい」と返事すると、髪や目がシュッと知代に変化した。
 机に置いた鞄を持ち「じゃ行ってくるわ」と知代になった美鱗は空ろな目を天井に向けたままでベッドに横たわる知代に声をかけた。
 
「おい、知代。おまえ何学校来てんだよ。もう来るなっていってんだろうが」
 教室に入るや否や、先に席に着いていたイジメの主犯留美子が周りを取り囲む六人の取り巻きの間から知代を見上げた。
 取り巻きたちも振り返り、にやにや笑う。
 イジメの始まった原因がなんだったのか、美鱗は知らない。その頃はまだ知代の内に発生していなかったからだ。
 だが、留美子が小学校時代の親友だったことは知っている。走馬灯のように浮かんだ知代の記憶の中に仲良く手をつなぐ二人を見た。
「帰れってんだよ」
 取り巻きの一人が席に着こうとした知代の尻を蹴った。
 麻美は留美子に気に入られようといつも真っ先に知代を攻撃してくる。入学時、隣同士になったのが縁で最初に友達になったというのに。小学校時代イジメを受け仲間外れにされたという経験を持ち、つい最近まで知代の味方をしていたが今は違う。それも走馬灯で知った。
 知代は侮蔑の眼差しで麻実を振り返った。己の小ささは己が一番知っている。だから敏感だ。
 麻実は知代の目が何を語っているか察知し、それが図星だけにカッとなるのも速かった。
「何睨んでんだよ」
 再度、知代の尻を思い切り蹴飛ばす。
 机や椅子を飛ばして床に倒れ込んだ知代を見て、留美子たちが手を叩いて大笑いした。
 倒れても目を見開いて睨んだままの知代に心の深い部分を突かれているようで、麻美は知代の胸ぐらをつかみにかかった。
 ぐいっと頭を起こした知代は麻実の耳に長い舌を這わせた。
「お前が一番卑劣。わたしが死んだ原因はお前」
 驚いた麻実が一瞬目を見張る。だが悲鳴を上げる間もなく、銀色の目をした知代の長い舌に首を絞め上げられた。
 麻実の首がごきりと音を立て真横に傾いたのを見た留美子は自分の見たものが信じられず思わず立ち上がった。取り巻きたちも驚愕の眼差しでお互いの顔を見やっている。
 麻実の身体が床に落ち、知代が立ち上がった。
「ば、化け物っ」
 留美子の剣幕に知代がふっと笑い、
「どっちが?」
 そう言うと舌を素早く伸ばし取り巻きのうち三人の足を折った。
 逃げ出そうとする残り二人も捕まえて足をへし折り、恐怖で動けずにいる留美子の首に舌を巻き付け、その先を左目に近づけていく。
「知代――おまえ、なんなんだよ――」
 留美子が瞼を固く閉じたが、それを舌先でこじ開け眼球を貫いた。
「ぎゃあああ」
 留美子の脚を伝い落ちる小便が床に水たまりを作る。
 巻き付けていた舌を外すとその上に留美子がくずおれた。
 あとの五人が床を這いながら知代から逃げようとした。だが、知代の長い舌が刃物のように次々と五人の身体を引き裂いた。教室一面に血が飛び散り、ただの肉塊となった少女たちの四肢や胴体が床に転がる。
 それを残った右目で見せつけられた後、留美子は弾丸のように飛んできた舌先に顔面を打ち砕かれた。

「えー? 記者さん? なんも話しちゃいけないって先生たちに言われてるの。ねー」
「そうそう」
「うーん困るんだけどぉ――え、知代? あの日は来てなかったよ。だって、ほら、ね」
「そうそう。それなのに留美子ったらまるでそこにいるかのようになんか言ってた」
「あれ何だったの? みんな急に体中を掻きむしって苦しみ出したの。怖かった」
「ほんと。あの悲鳴、わたし今でも耳について離れない」
「わたしもー」
「すごく怯えてたよね。あれ何に? 急に床に倒れてのた打ち回ってるのも怖かったし」
「なんもなってないのに、すごく痛いって叫んでたじゃん」
「一応先生を呼んできたけど、誰もどうしていいかわからなかったよね」
「死因? はっきり知らないけど全員心不全だったって。職員室の話聞いて来た子が言ってた」
「ねえ、噂知ってる?」
「なんの?」
「え、あんた知らないの?」
「だから何よ」
「あれ知代の呪いだって」

 留美子と取り巻き六人が死んだ朝、知代の母親は確かに知代の「はあい」という声を聞いた。
 だが、二階からなかなか降りてこないので部屋を覗くと知代はまだ布団の中にいた。
「やだ、この子二度寝しちゃったの? 知代、起きなさい。もう完全に遅刻よ」
 そう言いながらベッドに近づき母親は異常に気付く。
 慌てて布団をはがすと、右手にカッターナイフを握りしめ、左手首に傷がぱっくりと開き、知代は乾いた血溜まりの中ですでに息絶えていた。

しおり