バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

赤い箱


 姉の可代子宛てに荷物が届いた。
 みかん箱大の赤い箱だ。
 毒々しい赤に、いったいどこの店のものかと思いながら、未央子は代わりに受け取った。
 品名も差出人の名もなく怪しいと思ったが、とりあえず本人の部屋に入れておいた。
 その次の日も小包が届いた。
 同じ形の赤い箱でやはり差出人の名はない。
 受け取って、また部屋に入れた。
 三日目も小包が届く。
 同じ赤い色をしていたが今度は長い箱だった。これも差出人の名はない。
 どれもみな結構な重さで、もし姉が購入した物なら、いったい何なのだろうか。
 そう思ったが確かめもせず、未央子は姉の部屋に入れた。
 その日の夜、電話がかかって来て受話器を取る。
 男の声だった。
「もしもし可代子? プレゼント気に入ってくれた?」
「姉は今留守にしています。あの――どなたですか?」
 未央子は送り主だと気付いて問うてみたが、電話は切れてしまった。
「なに? 失礼なやつね」
 その日はそれっきりかかってこなかったが、翌日また長い箱とミカン箱大の赤い箱が届き、夜に電話のベルが鳴った。
「プレゼント気に入ってくれた?」
「だから姉はいませんって。
 いったいあなた誰? 姉は当分帰りませんから、もう送ってこないでください」
「ウソつくな。いるのはわかってんだ。
 あんた妹の未央子だろ? 俺は笠井だよ。可代子の恋人。聞いたことあるだろ?」
 その言葉で一年前に姉が交際していたという男を思い出した。二か月ほど付き合ったが凄まじい独占欲の強さに嫌気がさした姉はそいつと別れ、未央子のマンションに逃げてきた。会ったことはなかったが名前は聞いて知っている。奴はここの住所を突きとめたのだ。
「あなた姉とはもう別れたんでしょ。迷惑ですから、とにかくもう送ってこないで」
「そんなこと言わず可代子を出してくれよ。
 そこにいるのわかってるって言ってんだろ。この間っから全然外出してねえんだから」
「いないって言ってるでしょっ」
 この部屋を見張っていることに気付き、かっとなって受話器を叩きつけた。
 すぐ呼び出し音が鳴り、いっこうに止む気配がないので仕方なく出ると、
「明日、最後のプレゼント持ってくよ」
 そう言って切れた。
「ほんとにしつこい。そんなだから嫌われたんでしょうがっ」
 未央子は大きく独り言ち、ソファに座って胡坐をかいた。いまだに腹が立ってたまらず、苦い表情で爪を噛む。
 笠井がしっかりつかまえておけば、姉はここに来なかったのだ――恋人の裕人を奪われることもなかった。
 未央子にばれ、姉は泣いて謝った。
 だが許すことができず、裕人のもとへ行こうとした姉を包丁で刺した。
 罪悪感も恐怖もまるでなく、死体は部屋に放置したままだ。笠井が何度かけてこようと姉が電話に出ることはない。
 ふと未央子は届いた荷物が気になった。
 笠井はあれをプレゼントだと言った。
 いったい何が入っているのか。
 未央子は異臭が廊下に流れ出るのも気にせず姉の部屋に入った。
 隅に積んだ赤い箱の底に何かの液体が滲み出ているのに気付き、次々と箱を開けていく。
「うっ」
 中身はビニール袋にくるまれたバラバラ死体だった。
 箱の染みは血が漏れ出たものだ。
 長い箱には腕と脚がそれぞれ一対。その他の箱にはそれぞれ胸部と腹部のぶつ切りが入っていて、最後に届いた箱には内臓が順に収められていた。
 左乳首の横の大きな黒子がこの死体を裕人だと示している。
「笠井のやろうっ」
 裕人を姉の恋人だと思って見せしめに殺したのだろう。
 なにがプレゼントだっ。
 裕人の胸が入った箱にもたれ泣き叫んでいた未央子だったが、しばらくして姉の死体をバスルームまで引きずっていき、バスタブに入れて湯を張り始めた。
 湯が溜まるまで箱の中身も全部バスタブにぶちまけた。
「こんな裕人なんていらないのよ。一緒になれてよかったじゃない。ねぇ、お姉ちゃん」
 赤く染まった湯がひたひたに浸かると、今度は追い炊きを点火しフタをする。
 そう言えば裕人の首がなかった。
 だが、笠井は明日最後のプレゼントを持って行くと言っていた。
 そう、『持って行く』と。
「あのやろうっ。せっかくお姉ちゃんを殺したのに台無しにしやがって。絶対許さないからなっ」
 未央子は笠井を迎える計画を頭で練りながら、包丁を研ぎ始めた。

しおり