バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

沈む

ガラッッ
え゛?
嫌な予感がした・・・。
案の定、足元が崩れ落ちてゆく。
ザッザザアアァァァァ
 天と地が回転する。
 周りの石や砂と一緒に、落ちてゆくのがわかった。
あちこちに痛みが走る。
 そして、後頭部が激痛におおわれる。
覚えていたのは、そこまでだった・・・・・。

 
夢を見た―――
人魚の夢。
水の中に人魚がいる。
ゴポッゴポッ
 僕は静かに沈んでいく。
 このまま沈んで、死ぬのかな・・・。
 人魚が僕の手をつかまえる。
 「もう、大丈夫よ」
――――――――――!!
 
目が覚めた。
あの夢は、何なんだ?
 何で人魚なんか・・・
 
 ぼやけていた頭がだんだんはっきりしてくる。
 ここは?
 結構、古びた家の中みたいだ。
 僕は、部屋の真ん中に敷かれた布団に寝ていた。
 イタッ!
 動こうとするとあちこちが痛んだ。
 手や足に包帯が巻いてある。
「目が覚めたみたいね」
 女の子の声が聞こえた。
 振り向くとそこにいたのは人魚・・・
 じゃない・・・ 
 人間だ。
 ちゃんと足がある。
 あの夢の人魚そっくりの 女の子。
 クルクルのまき毛。
 クリンとした大きな瞳。
 黒い髪に、青い瞳?
 ハーフ?
「大丈夫?あの崖から落ちたのでしょう?」
 え・・・と
 僕は一生懸命、頭の中を整理する。
 崖? 
 この町に引っ越してきたばかりで――
 家の中より外のほうが気がまぎれると思って ・ ・ ・
 朝の散歩に森の中に入って・・・
 それで?  
 そうだ、足元が崩れて落ちたんだ。
 「ねえ、名前は?」
 黙ったままの僕に、女の子が聞いてきた。
 !!
 僕は誰なんだ?
 名前が思い出せない―――
 「どうかしたの?」
 女の子が僕の顔をのぞきこむ。
 「僕は誰?思い出せないんだ」
 不安そうに聞いた僕に、その子は笑って答えた。
 「それじゃあね。あなたを『カイ』って呼ぶわ」
 カイ?
 それが僕の名前?
 「君は、誰?」
 「私の名前は深織(みおり)。」
 みおり?
 やっぱり、あの人魚と似てる・・・
 やさしい声が。
 ここは、暖かい―――
 なんだか、とても眠い
 「もう大丈夫。ここに居て、いいから」
 やっぱり,この子は人魚なのかな?
 そう言えば、人魚姫って童話があったような ・ ・ ・
 沈む意識の中で、ぼんやりと僕はそう思った。  
 ザン  ザザアァァン
 ―――・・・・・・・―――
 波の音の遠くで人の声が聞こえた気がした。 

しおり