バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

夢の終わり


妖精を夢見ていたのは私だった。
だから、彼を見つけることが出来た。


たぶん、これからも妖精の夢は見るだろう。
だけど、妖精には会えない―――――

しおり