バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

バイバイ


「令夏。次、これ教えて」
 暑い夏休み。
 長い夏休み。
 そして、宿題の夏休み。
 私は雷那の家にいた。
 もちろん、3人で勉強会をしている。
 長かった夏休み、勉強会と称しては雷那の家に集まり
 そして、遊びほうけていた。
 おかげで、夏休みも後少し。
 慌てて本来の目的に戻したのだ。
 「ん、あーそれはね」
 教えながら進めるのも疲れる。
 雷那はほとんど宿題に手を着けていなかったようで
 ほとんどの問題を聞いてくる。
 私の方は大体終わってる。
 後少しがなかなか進まない。
 「で、分かった?」
 私は一通り説明し、雷那を見る。
 「えーと・・・・」
 雷那は私の言ったことを頭の中で整理し理解しようとしている。
 「ちょっと待って。やってみる」
 私はその間に自分の宿題を進める。
 秋月君のほうは黙々と自分の宿題を片付けている。
 
 「ふ~疲れた」
 しばらくして、集中力の切れた雷那がのびをする。
 「そうだね。ちょっと休憩にしようか」
 さっきまで自分の宿題に夢中だった秋月君の方も肩を叩いている。
 「賛成」
 私も、手を止める。
 開け放たれた窓から、涼しげな風が入ってくる。
 「ん~気持ちいい」
 雷那が窓辺にもたれかかる。
 クーラーの無いこの部屋で風は唯一の冷房。
 私も雷那と同じく窓辺に向かう。
 「ねえ、冷夏。ピアノ弾いてみて」
 窓の外を見ていた雷那がクルリと私の方を向いて言う。
 「え?突然、何?」
 「息抜き。前は弾いてくれたじゃない」
 確かに前は休憩時間にピアノを弾いていたこともある。
 「ほら、いこ」
 そういって、雷那は私の腕を引っ張る。
 「ちょ、ちょっと」
 「何?何の話?」
 話が見えないと言う感じの秋月君。
 「冷夏ね。ピアノ弾けるんだよ」
 そういって、廊下に出てピアノのある部屋へ。
 「ちょっと、私は弾くなんて言ってない」
 「私は聞きたいな~冷夏のピアノ」
 うっ。
 ねだるような雷那の瞳。
 いつも雷那のこの瞳に弱いんだよね。
 「分かったわよ。1曲だけね」
 「わーい」
 秋月君はだまったままついてきて、私たちのやりとりを見ていた。
 ポオン。
 久しぶりに触る鍵盤。
 響く空気。
 流れる音楽。
 覚えてる通りに動く指。
 透き通る感覚。
 空を舞う音符。
 無意識のうちに私は1曲弾き終えていた。
 
 「やっぱりきれいだね」
 「そんな事無い。全然指が動かなかった」
 自分の欠点は自分が良く知っている。
 「そうだね。でも、私は好きだな。冷夏のピアノ」
 また聞きたいという瞳で私を見る。
 「これでおしまい」
 もう弾いたりしない。
 もうピアノには触れない。
 「そう?まだ弾きたいって顔してる」
 雷那は私の顔を覗き込みながらピアノに触る。
 ポオン。
 ・・・・・・
 「もう、弾かないよ」
 弾きたいのかもしれない。
 「どうして」
 でも
 「必要ないから」
 私は笑って答える。
 「冷夏の夢だったのにね」
 小さくつぶやいたその声が私の耳に届く。
 「え?」
 「なんでもない」
 雷那はピアノのふたを閉めた。
 「もうそろそろ休憩は終わりにしようか」
 秋月君が声をかける。
 「そうだね」
 冷夏が答えて部屋を出る。
 私もその後に続いた。
 
 夢・・・だった。
 ピアニストになるのが。
 でも、私に才能はない。
 技術も上達しない。
 それに、勉強の妨げになる。
 だから?
 だから、触れないことにしなくちゃ。
 でも・・・。
 でも。
 弾きたいのかもしれない。
 離れたくないのかもしれない。
 ピアノから。

夢を見た―――
妖精の夢。
過去の私がいる。
夢の妖精も
夏の光の中で・・・
かくれんぼをしていた。
「どこ?フゥーム」
「レイ。こっちだよ、早く見つけて」
―――――――――――――――――!!
目が覚めた。
涙が頬をつたう。
私と遊んだ妖精。
私を迎えに来た妖精。
私が見つけた妖精。

月明かりが入ってくる。
人影がうつる。
キィ
窓が開く。
トンッ
妖精が入ってくる。
「おいでよ。一人では、さみしすぎる」
差し出されたその手をつかめば、きっと行ける。
夢の中。苦しみも、悲しみもない世界に
行きたい!!
だけど・・・
「ごめんなさい」
行けない。
「あなたと行ければ、よかった。だけど、見つけたの。私の夢。だから、行けない」
妖精が哀しい瞳で見つめる。
わかってる。
妖精が、わたしだけをまっていたの。
私のために、ここに来たの。
「ごめんなさい」
その言葉しか出てこない。
涙が落ちる。
「なぜ、泣くの?嬉しかった。僕を呼んでくれて・・・」
サアァァァ
風が舞う。
妖精の姿が消えていく。
もう、引き止める事はしない。
「さよなら」
風の中で妖精がそう言ったようにおもえた。
「バイバイ」
過去の夢・・・。
私の悲しみが妖精を呼んだ。


夏休みが終わった。

始業式が終わって教室に戻ってきた。
「どうだった?夏休み」
雷那が聞いてきた。
「楽しかったよ。ねえ、そう言えば秋月君の姿が見えないけど?」
私はなんとなく気になっていた。
「秋月君?誰それ?」
え?
「1学期に転校してきたじゃない」
「夏休みボケ?そんな人いないよ」

そうか、彼は妖精だから、戻ったんだ。
夢の空間に
初めから、いるはずのなかった人だから・・・

しおり