バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

2話〜ガルドVSキングオーガ{改}【挿絵】

 キングオーガは、ガルド目掛け斧を振り上げた。

 ガルドはその攻撃をかわすが、その風圧で飛ばされ、少し先の地面に叩きつけられた。

 ガルドは、その衝撃で口から血を吐き、胸を押さえながら、キングオーガを睨んだ。

「グハァっ!こんな奴どうしろって言うんだ……ハァハァ、絶対無理な相手だろが!だが、このままにしておくわけもいかねぇしなぁ」

 そう言い剣を握りしめ、首元に狙いを定め弾みをつけ飛び上がり、キングオーガの肩ぐらいの高さまでくると、ガルドは剣を振り下ろした。

 だがしかし、首に届くその前に、斧でガードされ、ガルドはそれを力任せに押しきろうとしたが、キングオーガは少し後退しただけだった。

「やはり、無理なのか?こいつを倒すのは……でもこのまま、こいつを野放しにしておけば、被害が増えちまう。どうしたらいい……」

 そうガルドが思っていると、近くで血を流し倒れている男が、自分よりも遥かに、良い剣を持っている事に気づき、その剣を手にしてみた。

「この剣は、俺が使っているものよりも、刃こぼれしてねぇし、軽くて凄く良い剣なんだがなぁ。流石に人の物だしまずいよな」

 すると、血を流し倒れている男が、ガルドに話しかけてきた。

【挿絵:桜崎優月様作】

 
挿絵



「ハァハァ。た、頼む……その剣はお前にやる。そのかわり、あいつを倒してくれ。ハァハァ、俺はもう……」

 そう言うと、全てを話す前に、その男は生き絶えた。

 それを見たガルドは震え、心の中で怒り、泣き、悲しみ、どうしようもなく、やり場のない気持ちになった。

「何だって言うんだ。クソーーーォッ〜!俺がこの剣で何とかしなきゃならねぇ。って、いくらなんでも相手が悪すぎだ!」

 そう言いキングオーガを見ると、

「あ〜、スゲー泣きてぇ。逃げ出してぇ。どうすんだよ!?」

 そう言っているとキングオーガが、容赦なくガルドに襲い掛かって来た。

 それを見たガルドは、逃げ出したい気持ちを押さえ身構えた。

 キングオーガが斧を水平に振り回し、ガルドを斬りつけた。

 ガルドは避けようとしたが、斧の威力があり過ぎて左足に当たり、そのまま少し先まで飛ばされ、また地面に叩きつけられた。

 キングオーガはすかさずガルドに近付き、襲い掛かろうとしていた。

 ガルドは先程の攻撃で左足に傷を負い、2度も地面に叩きつけられ、フラフラで動くのがやっとだったが、それでも戦わなければならなかった。

「ク、クソォッーー!!な、何で、ハァハァ、俺がこんな目に合わなきゃならねぇんだ!」

 そう言っているとガルド目掛け、キングオーガが斧を縦に振り下ろそうとしていた。

 それを見て、ガルドは更に恐怖を感じたが、咄嗟に身体動き、キングオーガの股の下をくぐり、後ろに回り込んだ。

 キングオーガは動きが鈍かった為、振り向き、それに気づいた時には既に、ガルドが攻撃をしようとし、身構えていた。

 ガルドは剣を握り、痛い左足を引きずりながら、近くの岩場に登り右足を軸に、後ろからキングオーガの首筋目掛け飛び上がり、剣を突き刺した。

 剣は突き刺さったが、致命傷にならず、キングオーガはその痛さで暴れ出した。

 ガルドはキングオーガの肩の上にいた為、その剣を握ったまま地面へと落下し、全身を強打した。

しおり