user

冬哉

(とうや)

  • 天に舞う華の恋~千年の時を越え、御霊の想いが惹かれ逢う  外部URLを開く

    冬哉

    【魔道祖師のような物語~儚く切ないラブストーリー】
    場面シーンは、階級の中で必死に生きていく、そんな人々の生きざまを描き。風景や街並みは、古風な幕末のような家屋、寺院といった模様を描写。
    登場している人物の衣装といった事では、漢服のような民族衣装を思わせる、雰囲気ある古装をイメージしています。
    そのような理由から、漢服で検索して頂ければ、風格がより一層、脳裏へと描かれるのではないでしょうか。
    そんな、どこか妖艶で美しい印象を与えてくれる漢服。
    その情緒あふれる光景を、思い描いて読んで頂けると、風情がとても良く伝わると思います。

    ――そして、ここからようやく概要を説明していきます。

    『あらすじ』
    この物語は、最終情景の場面から始まります。
    世界観としては、天界・人界・地界、この三界と呼ばれた大陸があり、3つに区分された大地へ住む人達が、お互いを干渉する事なく、日々生活しています。
    しかし、三界の1つ天界で、重大な問題が起きようとする。
    突如として、天上界へ現れた1人の聖者。
    その者は突然、ある者へ牙をむき、掌を握りしめ襲い掛かる。
    果たして、それは最終的な敵なのか? それとも……。
    展開は最初、緩やかに事が進み。1章の3話から、見どころが始まります。

    『俺は、……俺はただ、イシャーナの顔を見ているだけで毎日が幸せだった』

    その想いを伝えられなかった主人公ラージャ。
    親友であるラーガと過ごした旅の思い出。
    愛する人、イシャーナとの募る想い出。
    その2人と行動を共にした、過去の記憶を追憶し想い馳せる。
    ここから1章の主軸ともいえる、悲しき過去を背負い、細かな描写や現在に至る経緯が展開されていきます。
    物語が進むにつれて、主人公は、ある目的のため、3人と共に旅を始める事になる。
    そして共に喜び、悲しみ、分かち合いながら、様々な人々と出会う。
    その行く先々で、いずれ再会するであろう仲間と巡り会い、困難や苦悩を乗り越えながら成長していく中華風ファンタジー。

    0クル

    カテゴリー内順位1593位 / 7,665件

    ジャンル内順位923位 / 3,812件

    (0)

  • 薫風そよぐ薄暑の空に~恋慕の情が惹き寄せる  外部URLを開く

    冬哉

     18歳で都会へ上京する主人公、夏樹。憧れの地で、会社へ成果を残そうと、必死に頑張る。

     しかし、2年もの間、結果が出せない夏樹へ、遂に辞令が通達される。その内容は、4月の人事異動によって、地方の協力会社へ転勤という事だった。

     その異動によって、苦渋を味わう事になるが、新しい職場の同僚達から温かく迎えられ、結果良かった感じる。そんな日々を過ごし、2ヶ月が経ったある日のこと……。

     妙なきっかけで、夏樹はある女性と巡り逢う。それは前夜、交通事故に遭い掛けた女性を偶然にも助ける。

     だが、その出来事が夢だったのか? 現実なのか? よく思い出せずにいた。そんな思いを胸に秘めたまま、会社へ書類を届ける為に、昨日の場所へと向かう。

     道中、夏樹は前夜の女性を偶然見掛け、その時の状況を聞かされる事となる。そんな事故がきっかけで、お互い意気投合した2人は、同じ時間。同じ場所。同じ想い。そして、同じ安らぎを共に過ごす。

     そのような奇妙とも思える巡り合わせの出逢いや日常の生活に違和感を感じながらも、次第にその女性へ惹かれていく。

     しかし、その想いを伝える事なく、内に秘めたまま、そっと傍で支え続ける。
    夏樹はこの出逢いをずっと偶然の重なりのように思っていたが……。

     ある時、必然の出逢いだった事に気付く。そう、それは運命の出逢い……。その事に気付いた夏樹の心は抑えきれず、思いを遂げようとするも……。

     そんな思いとは裏腹に、何かの時が刻一刻と迫りくる――。果たして、夏樹は想いを伝える事はできるのか?

     そうして、ゆっくりと緩やかに、解かれていく糸は、1本の生命線として繋がりをみせる。

    0クル

    カテゴリー内順位1593位 / 7,665件

    ジャンル内順位431位 / 1,265件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    OL/サラリーマン
    その他の要素
    ラブコメ