希野ほたる

  • 空は青かった  外部URLを開く

    希野ほたる

     自分は何のために生まれてきたのだろうか。自分は何をするために生きてきたのだろうか。生まれたことに、生きていることに、無意味なことなんてひとつもない。人は必ず何か使命を背負っているんだ。 誰かを助けるため、誰かを笑顔にするため。
     ―――そして誰かに光を与えるため。


     とある理由で自ら命を絶った少女が目を覚ますと、そこには見たこともない世界が広がっていた。揺れる草花、入り混じる人々、そこは彼女が知り得ない彼方の世界――――レイツ。突然の状況に戸惑う少女に手を差し伸べたのは、心優しき兄弟だった。彼等は遠くの地まで旅をしていると告げ、少女は彼等の旅に同行することを決意する。

     だが彼女達の旅路は決して楽なものではなかった。数多の困難に立ち向かう中で生まれる多くの疑問。答えのない問いかけに彼女達は幾度も挫折や苦しみを味わうこととなる。


     希望と絶望が入り混じるこの地で、少年少女は何を見るのか。最後に手にするものは一体何なのか。ひとりの少女が紡いでゆく、壮大な物語に少しの切なさを織り交ぜたダークファンタジー……ここに開幕。

    0クル

    カテゴリー内順位1289位 / 4,882件

    ジャンル内順位861位 / 2,519件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    貴族
    動物
    女神/聖人
    妖精
    その他の要素
    剣・魔法
    転移・トリップ・召喚
    日本→異世界
    チートなし
    レイティング
    R15