王道もの、テンプレものが大好物だが、最近は敢えて流行に乗らずにやってみようと思い立ち、結果的に泣いている大馬鹿野郎。