スペシャルサンクスページでは、本作品に対して「応援する」ボタンを押したユーザーを掲載しています。ユーザー名の大きさは読者ランキングの順位が反映されるので、ランキングを上げて大きな文字で応援しましょう。

応援しているユーザー

作者からの感謝の言葉

読んでいただいてありがとうございます。
もし少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。

「第二節 ただひと時の輝きを」に続きます。