あなたへのおすすめ

  • ハリマオ65

    大都会から車で時間以内に素晴らしい自然の里がある、
    そこで生まれた加藤末吉はこの自然が好きで村を離れず地元で便利屋
    として住民につくし地元で結婚した。ある日、村から8kmの所に
    高速道路が通り、その出入り口を作る計画があがった。父、加藤吉宗
    が将来の村の発展のため村外から優秀な村長を探し多くのアイディアを
    出してもらい村は発展したが村長が病に倒れた。その後、吉宗の長男に
    村長を打診し了解してもらい高速道路の効果で増えた村の資産を投資
    で、さらに増やし村の産業界発のためにつくし村の過疎化対策で若い
    移住者の優遇政策で人口を増やし村の若返りにも成功した。吉宗が
    亡くなった時、莫大な個人資産を全て村に寄付し・・・。
    この小説は、カクヨム、アルファポリスの重複投稿しています。

    0クル

    カテゴリー内順位1260位 / 4,955件

    ジャンル内順位27位 / 385件

    (0)

  • 雪

    マツダシバコ

    僕は雪の中に幻想を見ていた、、、。超短編です。

    0クル

    カテゴリー内順位1260位 / 4,955件

    ジャンル内順位27位 / 385件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
  • おらあ寛太だ

    ハリマオ65

    この作品は、小説家になろう、アルファポリス、星空文庫に
    重複投稿しています。
    北海道、北海道の4月は、まだ寒く氷点下の日も
    多い。そんな1968年4月20日、苫小牧漁港から2人
    乗ったホッキ漁船が出港し、港に戻ろうとした時、佐藤義之
    の同僚の嵐山正一(38歳)が急に胸の痛みを訴え、
    全速力で港に戻った。その後、港に戻り、医者に診せると
    、ご臨終ですといわれた。

    憔悴しきった奥さん(嵐山和子)きて亭主(嵐山正一)
    の亡骸に取りすがった。その後、親戚、職場に電話を
    入れておいた。和子の実家と亭主の実家から数人の人達
    がやってきて、山田幸夫が長く苦しまずに逝ったのが
    せめてもの慰めかなと、静かに言った。

     幸夫が、葬式の手配はしてやるからと言い、
    電話を貸せと言って、てきぱきと関係先へ電話した。
    葬式の場所、時間、人数を確認してくれた。
     1968年4月23日、みぞれ交じりの日、漁港の
    集会場で15人で家族葬として嵐山正一(享年38才)
    の葬儀が執り行われた。突然の死に呆然といった感じで
    、信じられないと言う声が多かった。その後、母の安江
    と長男の寛太が漁港で働いて貧しいながらも家族5人を
    養った。

    4人の兄弟達は、それぞれの進路を見つけて歩んでいく。
    その後の自立の道は、本編をご覧下さい。

    0クル

    カテゴリー内順位1260位 / 4,955件

    ジャンル内順位27位 / 385件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    オフィス・勤務先
    主人公の性別
    主人公の年齢
    50代以上
    その他の要素
    現代知識
    ヒューマンドラマ
    職業もの
  • 夏夜やもり

    「ねえねえ、気になったんだけどさ、何でこんなタイトルなの?」

    テーブルに突っ伏し、だらしない恰好の妹が聞いてくる。

    「んー、『私の語り』を適当に入れ替えたのだよ」
    「ふむ...わ、た...んー?...『た』、は?」
    「た?」
    「ほら、わたしのかたり のりわたかし...」
    「足りない...」
    「つまり?」

    少し考え私は言った。

    「この物語は『足りない私のか・た・り♪』って事で、適当に雑談する感じです!」
    「...そんなんで良いの?」
    「いいよー。この物語は私の体験交えつつ、妹が突っ込んだり怒ったりな、駄弁り場です。興味が湧いたらお読み下さい」

    妹も少し考えた様子をみせて、営業スマイル浮かべて言った。

    「タブレット持ちの方はトイレでもどうぞー。そんなお軽い話でっす」

    いや、何でタブレット?スマホでいいじゃん...と思い、こないだの事件に気が付く。

    「あ、スマホだとトイレにスマホ柱が出来ちゃうから!皆さん気を付けて!」
    「ああっ!?それは言わない約束でしょう!」
    「ふふっ、本編では私の恥がてんこもりだからね」

    そのセリフに妹が私のスマホを取り上げ、睨みつけてきた。

    「あたしの恥はばらさなくても良いでしょ!あれバラす!よっぱですっぱな面白事件!」
    「まず私のスマホを置いてね。話はそれからだ」

    暫くにらみ合う。妹のスマホは私が制圧している事に気付いたらしい。悔しそうにスマホを置いて言った。

    「むう、こんな感じの変な雑談。『海苔わた菓子』お楽しみにっ!」
    「あ、そうだ。タイトルの由来もう一個あるけど、それは秘密にしよう」
    「なー!?」

    おどろく妹ほっといて、タイトルの由来・その2は秘密になりました。

                           つづく(本編へ

    0クル

    カテゴリー内順位1260位 / 4,955件

    ジャンル内順位27位 / 385件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    家庭
    主要登場人物の属性
    小学生
    その他の要素
    ツンデレ
    ほのぼの
    友情
    現代知識
    ヒューマンドラマ
    コメディ
    レイティング
    R15
  • 0クル

    カテゴリー内順位1260位 / 4,955件

    ジャンル内順位27位 / 385件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
  • 逢庭 優命綺

    田舎の駅で風に吹かれながら何となく描いた詩です。
    あなたの風が、あなたにとって、特別なものになりますように。

    0クル

    カテゴリー内順位1260位 / 4,955件

    ジャンル内順位27位 / 385件

    (0)