人質生活から始まるスローライフ (外部サイトで読む

小賀 いちご

私はある国の王女である
それと同時に前世の記憶がある。
日本という平和な国で、穏やかに人生を終えた
毎日の生活は忙しかったが、それなりの人生を終えたのである。

病院で人生を終わったと思った私が、なぜかある国の王女として新たな命を授かった。

今度も穏やかな生活ができると思っていたが、何故か私は別な国に人質として差し出される事になってしまった

まぁ、予想外だったけど穏やかに過ごせるなら、それで良いかと受け入れる事に

のんびりと人質生活を過ごそうと思います

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    前世
    人質
    王女
    人質生活
    記憶
    病院
    人生
    生活
    日本
    良いか

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち