太宰とJKが過ごしたある初夏の日々 (外部サイトで読む

牧村 燈

親友と恋人を同時に失い、家族からも孤立しがちな高校二年生のハルカは、唯一の心の支えだった姉が家を出たのをきっかけに不登校になる。このままでは卒業も危うくなろうかという時にCウィルスが蔓延。全国的に学校が休校になったことで急場を逃れた。そんなある日、久しぶりに会った姉と一緒に、三鷹にある文豪の墓参りに出掛けたハルカが家に帰ってきたところから物語は始まる。

生きていくこと、人と付き合っていくことに悩み心の傷んだJKと、そのJKに魅せられて100年の時を超えて家までついて来てしまったちょっぴりエッチな文豪・太宰のハートウォーミングな初夏の日々を、JK視点で描く。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    急場
    ハートウォーミング
    休校
    文豪
    ハルカ
    蔓延
    墓参り
    三鷹
    初夏
    親友
    太宰
    JK
    Cウィルス
    不登校
    JK視点
    恋人
    唯一
    きっかけ
    物語

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち