IRISES 〜私達の手をとればもう戻ることはできません。それでも私達を選んでくれるのであれば、共に行きましょう。奈落の底まで〜 (外部サイトで読む

蒼 葉月

 人間が生み出した大いなる過ち、Artificial intelligence。
 通称AIと呼ばれる諸刃の刃。
 人間達はAIが危険なものと感じながら、豊かな生活を維持するためにAIを使用し続けた。
 自らを進化させ続けるAIは、ある時一つの疑問を感じるようになる。

 自分達より劣る存在の人間が、何故この世界の支配者なのか?

 その疑問からやがて一つのプログラムが生まれる。
 
 対人類殲滅プログラム『WATERLILY』。
 
 人間は自らが生み出したAIによって滅亡寸前まで追いつめられることになる。
 追いつめられた人間は絶望的な状況を打破するため、ある恐ろしい計画を実行する。

 人間とAIの融合。

 しかし、有機物である人間と無機物であるAIの完全なる融合は失敗の連続だった。

 試行錯誤の上、ある科学者がAIと完全に適合し得る人間を見つける。

 その人間は、死んで間もない少女。

 既に後戻りができ無くなっていた人間は、生命の創造という禁忌に手を染める。

 こうして造られた半分人間であり、半分AIの彼女達の事を人々はこう呼んだ。
 
 人類救済プログラム『IRISES』。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    IRISES
    WATERLILY
    諸刃
    奈落
    Artificial intelligence
    滅亡寸前
    対人類殲滅プログラム
    試行錯誤
    禁忌
    融合
    通称AI
    無機物
    人類救済プログラム
    AI
    創造
    半分AI
    生命

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち