世界の終わりも君と二人で (外部サイトで読む

清水 幸

 おれは可美奈偉斗、高校二年生。何もかもどうでもよかった。毎日狂ったようにケンカに明け暮れて悪魔と呼ばれたりしているが、実際狂っていたのかもしれない。今日も十人の不良たちに囲まれていた。そんな場面を見ていじめだと勘違いして飛び込んできた女。そいつは神を自称するイタいやつだった。そいつはおれたちのケンカを止めようとして結局何の力にもならなかったが、神としてあなた(おれのことらしい)を救うと宣言する。そいつの名前は阿熊梓。うちの学校の一年生で生徒会長だという。梓は調子に乗って空席の生徒会役員におれを据えようとする。あきれて、もうおれにかかわるなと梓に宣告したが、生徒会書記で自分が妖精だと思い込んでいる島彩夏が、梓と出会った以上、おれの世界はもう変わってしまったと妙なことを言い出した。二人と別れての帰り道、妹の真昼と出くわして怖いものなしだったはずのおれも思わず絶句した。真昼は五年前、小学五年生のとき事故で死んでいたからだ――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    おれ
    そいつ
    真昼
    阿熊梓
    ケンカ
    生徒会書記
    可美奈偉斗
    生徒会役員
    島彩夏
    高校二年生
    一年生
    イタ
    空席
    いじめ
    生徒会長
    二人
    帰り道
    妖精
    世界
    悪魔

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち