魔書伝奇 あるいは四条維光少年の人生に突如として起こった、不可思議かつ波乱に満ちた冒険 (外部サイトで読む

鱈井元衡

魔物と契約した行使者が異能を駆使し終わりのない戦いを続ける中、「愚かな人」と眷属の少女に罵られる少年四条維光は怯えながら、行使者を倒し続ける運命を嫌々ながら受け入れる。自分が人間か行使者かと果てしない自問に打ち明けながら…

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    果てしない自問
    人間か行使者
    四条維光少年
    少年四条維光
    眷属
    異能
    魔書伝奇
    嫌々
    魔物
    冒険
    運命
    少女
    戦い
    終わり
    人生
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち