カラス先輩とハトくんのアンニュイな日常 (外部サイトで読む

うみ

 都内某所の駅舎の上、今日もあくせく動く人間の頭を見つめながらカラス先輩とハトはあくびをする。
 カラス先輩がゴミをあされば、ハトがつつく。絶妙なコンビネーションを見せる二羽に向かうところ敵はない。
 網? ぐるぐる回るオブジェ? そんなもので彼らの動きは止められないぞ。

「人間ってバカっすねえ。先輩」
「そうだな」

 二人は今日もくあくあと鳴き声をあげるのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カラス先輩
    ハト
    もくあくあ
    コンビネーション
    オブジェ
    あくび
    都内某所
    鳴き声
    ハトくん
    駅舎
    人間
    ところ敵
    ゴミ
    彼ら
    動き
    日常
    二人
    二羽

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち