クラス転移20年後、おっさんになってようやくチートスキルの存在に気がついた件 (外部サイトで読む

未来人A

田中敏は、高校二年生の頃、クラスメイト全員と共に異世界に転移した。
敏はクラスメイトのほとんどがチートスキルをもらえる中、自分はもらえず。
チートで無双はできないけど、生きるために冒険者になったが、
右腕を落とされ引退、
絶望してクラスメイトで親友の男に養ってもらいながら引きこもり生活をしていた。

異世界に転移して20年経ったある日、
親友の男と喧嘩をして、追い出されてしまう。
ずっと引きこもっていた敏に知り合いなどおらず、
行く宛ても無く、自殺を考えていた敏だったが、
ある少女と出会う。
敏はその少女を救うため、殺されてしまうのだが、
そこで自分に眠っていたあるスキルの存在に気付く。
それは死んだら強くなって生き返れる(回数制限あり)というスキルだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クラスメイト
    チートスキル
    異世界
    親友
    冒険者
    クラスメイト全員
    少女
    高校二年生
    田中敏
    おっさん
    存在
    回数制限
    宛て
    右腕
    無双
    クラス転移20年後
    自殺
    喧嘩
    引退

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち