家の前で拾った美少女が、異世界転移のチケットだった。 (外部サイトで読む

卯草翔

「なんでもしますから!お願いです、一晩家に泊めてください…」しがない高校生の俺は、夏のある日家の前で女の子を拾った。最初は怯えた表情をしていた彼女に図らずも優しく接した結果、心を通じ合える仲になったのに、突如姿を消してしまう。彼女の記憶が次第に消えていく中、再び現れた彼女は俺にこう告げた。「私と一緒に、異世界で暮らしてくれませんか?」 ちょっと前までただの高校生だったのに、美少女と異世界で生活することになっちゃった主人公の異世界まったりスローライフ。
三日に一回更新を目安にしたいと思いますが、気が向いたら連続投稿するかもしれません。チートも俺TUEEEもハーレムも(今のところは)ない、ゆるい話ですが、気軽に読んでいただけると嬉しいです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    美少女
    異世界まったりスローライフ
    異世界転移
    高校生
    ハーレム
    チート
    彼女
    俺TUEEE
    主人公
    チケット
    目安
    女の子
    表情
    連続
    記憶
    最初
    結果
    ところ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち