学校査定員は、あまり青春を楽しめない

すうがく。

学校査定官。それが日本の秘密警察として幼少期からエリート教育を受けてきた桐生文哉が、高校生になって最初に与えられた仕事だった。仕事自体は単純で、一カ月の間指定された高校に通って授業や学校の状態などを調べ、それを報告するというものだ。あくまでも見習いのような仕事だが、まだ精神的には普通の高校生とあまり変わらない文哉にとって、一カ月たったら友達全員と別れなくてはいけないというのはかなり苦しかった。

そのため三個目の高校となる桜花学園ではなるべく影の薄い生徒を演じて友達を作らないようにしようと決めていた文哉だがーー果たしてどうなることやら?

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。
あらすじや各話にここからアクセス出来ますよ。

クルミちゃん

ハマっちゃうと寝られないから。ご注意!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち