お姫様4歳
エントリー中 大賞エントリー中

向原 行人

幼稚園児の妹、麻理の身体へ異世界のお姫様が入ってしまった。
その日を境に、見知らぬ幼女が訪れてくる。

「姫様のお兄様も、私が必ず護ってみせます!」
いや、お嬢ちゃん。俺、高校生なんだけど。

「お兄さん。お茶が入りましたの」
いや、幼稚園児に給仕される高校生ってダメだよね?

俺――藤本直樹は突然、どこぞのお姫様の兄として扱われる事になってしまい、見た目は幼女、中身は家臣な幼稚園児たちと過ごす事に。
「違うんですっ! 変質者とかじゃないんですっ! 通報しないでくださいっ!」
あぁっ! ご近所のお母様方の視線が痛いっ!

異世界のお姫様は無事に元の世界へ戻れるのか。
幼女に囲まれる俺は社会的に抹殺されないのか。
どうなる!? 俺の人生っ!

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。
あらすじや各話にここからアクセス出来ますよ。

クルミちゃん

どんな小説なんだろう?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする