『先生と龍』(『今昔物語集』巻第13「竜聞法花読誦依持者語降雨死語第三十三」)/ 菊野琴子 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

龍苑寺という廃寺に不思議な青年が現れ、寺を直して村の子供達に学問を教えるようになった。ある日そこへ、嵐と共に男が降り立つ。その男は龍であった。龍はそのまま寺に棲み、人々と接する内、国中に存在が知れ渡る。やがて国が大干魃に見舞われ、青年を召し出した帝は、龍を操れと命じるが――――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    今昔物語集
    竜聞法花読誦依持者語
    菊野琴子
    龍苑寺
    青年
    廃寺
    国中
    大干魃
    学問
    人々
    存在
    子供達
    先生

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち