『寒戸のガングロ』  室市雅則 (『遠野物語』) (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

遠い昔より黄昏時に女子供は神隠しにあうと言う。これは、ほんの少しだけ昔のお話。幼い娘が梨の木の下にサンダルを脱ぎ置いて姿をくらました。両親の願いも虚しく、少女は見つからず、あっという間に十年が過ぎた。そして、激しい雨風が吹き荒れたある日、その娘がひょっこりと戻って来たのだが・・・

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    室市雅則
    梨の木
    女子供
    神隠し
    黄昏時
    激しい雨風
    遠野物語
    サンダル
    あっという間
    幼い娘
    寒戸
    遠い昔
    少女
    両親
    願い
    お話
    少し
    姿
    十年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち