異世界にある地球の名残り ~日本語が世界のすべてを知る鍵だった~ (外部サイトで読む

軌跡

 異世界転移を果たした少年・ミコト。しかし、待っていたのは奴隷のように酷使される日々だった。
諦めつつあったある日、彼は囚われの美少女・イダメアと出会う。そして彼女を救うため国からの脱出を決意した。

 そんなイダメアの故郷、セプテム帝国は自然の枠組みから外れた生物――魔獣の存在に頭を悩ましていた。対策を記してある古文書も解読できず、強大な魔獣には成す術もなく蹂躙されるしかない。だがミコトは例外だっだ。
 古文書が日本語で記された、地球の神話に関するものだったから! これを鍵に、彼は立ち塞がる魔獣を撃破していく。

 その中で明らかになる世界の真実。どうして地球の神話に基づく魔獣、神が異世界に存在するのか。

 帝国と王国、古代文明すら巻き込んだ変革が、始まる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔獣
    異世界
    イダメア
    ミコト
    古文書
    セプテム帝国
    異世界転移
    神話
    地球
    日本語
    名残り
    枠組み
    囚われ
    古代文明
    美少女
    変革
    奴隷
    例外
    王国

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち