雨上がりの空

鍵っ子なむ

疎ましい。
何度そう思ったことだろう。他人の決めた僕が、僕という存在を定義付ける。決して自己を出さず、他人がどう見ているか気になって仕方がない、こんな自分を疎ましく感じたのはいつからだっただろうか。そんな疎ましさを胸に秘めて日々生きていた。そうした、なだらかな死に向かっている時、ふと、疎ましい原因が何なのかを考え始めた。僕は考え続け、そして気づいた。全ての原因は”つながり”にあるということに。

世界から僕が消えたのは高校二年の夏だった。父さんも、母さんも、クラスメートも皆、僕のことを知らないようだった。
そんな世界で、幸せとは何か、生きるとは何か、つながりとは何か、僕はそんなことを考え始めた。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
どんな小説なのか、ぜひ読んでみてください。

クルミちゃん

どんな小説か…?それは読んでのお楽しみ!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

興味ある人、どーぞ一読してみて