『置き傘』(『笠地蔵』) / 島田亜実 (外部サイトで読む

BOOK SHORTS(ブックショート)

家族にさえ反抗できない「僕」が地蔵に赤い傘をさした時に現れる違う世界に入り込む。無事元の世界に帰ることができたが、「僕」はその世界で出会った怪物の召使いが姉であることに気づく。姉が自分のせいで怪物に罰を与えられていることを知った「僕」は姉を救おうと最初で最大の反抗を始める。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    笠地蔵
    怪物
    置き傘
    召使い
    島田亜実
    世界
    反抗
    赤い傘
    無事元
    最大
    家族
    最初
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち