ナツメグ

(ナツメグ)

  • 逆行転生を繰り返す王女は、大切な人の死亡フラグを回避して幸せな未来を歩みたい

    ナツメグ

    ――あと何度やり直せば、幸せな未来に辿り着けますか?


    小さな島国ロアーナ国の王女、エステリーゼは二十歳になった祝いの席で、国の繁栄の為、ミティス国の王子と結婚を言い渡される。

    自分の立場を理解しつつも政略結婚を嫌うエステリーゼをよそに式の日取りまで決まってしまうと、執事兼護衛騎士のキールに逃げ出したいと告げる。

    キールは危険を承知の上でエステリーゼと共に国外逃亡を試みるも二人は見つかり、キールは殺されてしまう。

    その後、自らも死を選んで崖から身を投げたエステリーゼだけど、目が覚めると何故か目の前にはキールが居て、あろう事か十九歳の自分に戻っていた。

    夢でもいい、キールが殺されないようにしなければと日々を過ごしていくも、またしてもキールは殺されてしまい、再び死を選ぶも目覚めると過去へ戻ってしまう。

    果たして、エステリーゼは逆行転生する運命を止める事が出来るのか?


    *表紙イラストはトワツギ様のフリーイラストをお借りしています。プリ小説、エブリスタ、アルファポリスなどでも投稿中*

    0クル

    カテゴリー内順位1557位 / 7,521件

    ジャンル内順位400位 / 1,212件

    (0)

    時代
    中世
    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    その他の要素
    転生
    年の差
    身分差
    三角関係・多角関係
    悲劇
    レイティング
    R15