睦月さくあ

(ムツキサクア)

以前「睦月桜玖空」として登録していたのですが、ログインができなくなっていたので、新しく作り直しました

  • 朝が夜に染まるまで

    睦月さくあ

    「何も考えずに、俺に抱かれて、眠れ」
     彼の熱い吐息が微かに耳に触れ、その感触が残ったまま、深い眠りと快感へ堕ちていく。

     眠れない彼女と、同級生の彼は、恋人でもなければセフレでもない。ただ、一緒に眠るだけの関係。
     誰にも知られてはいけない秘密の関係を築いていく中で「何かが」生まれ、関係性に変化が訪れる――。

    「今日から貴女の夜の相手を務めさせていただく、夜月洸です」

     代々、高貴な身分の女性を中心に夜の相手をしてきた由緒正しき家系で生まれた、と彼はいう。
     添い寝からその先まで。相手が望むものを与え、安らぎのある眠りへと導くのがお役目だと。
     眠れない日々を過ごす朝月るなは、ひょんなことから洸の腕の中で。

     誰にも、言えない。誰にも、教えられない。
     甘くて、苦い夜が、始まろうとしていた。

    0クル

    カテゴリー内順位1601位 / 7,646件

    ジャンル内順位417位 / 1,252件

    (2)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    高校生