user

饕餮

(トウテツ)

アルファポリス、カクヨムでも書いています。
『転移先は薬師が少ない世界でした』アルファポリスより発売中。

  • 転生したら幼女でした⁉ ―神様~、聞いてないよ~!―

    饕餮

    今井 優希(いまい ゆき)、享年三十五歳。暴走車から母子をかばって轢かれ、あえなく死亡。
    母は数年後に人類にとってとても役立つ発明をし、その子がさらにそれを発展させる、人類にとって宝になる人物たちだった。彼らを助けた功績で生き返らせるか異世界に転生させてくれるという女神。
    異世界転生を選んだ優希は女神からその世界で生き残るための魔法をもらい、その世界に降り立つ。
    だが。
    「ようじらなんて、きいてにゃいでしゅよーーー!」
    森の中に虚しく響く優希の声に、答える者は誰もいない。
    ステラと名前を変え、女神から遣わされた魔物であるティーガー(虎)に気に入られて護られ、冒険者に気に入られ、辿り着いた村の人々に見守られながらもいろいろとやらかす話である。

    ★主人公は口が悪いです。
    ★不定期更新です。
    ★アルファポリス、カクヨムでも公開。

    4クル

    カテゴリー内順位441位 / 5,694件

    ジャンル内順位293位 / 2,880件

    (0)

  • 私の彼は、空飛ぶカエルに乗っている

    饕餮

    会社が倒産してしまい、仕事を探していた。ハローワークに行った帰りに寄ったスーパーで見かけたのは、バイト募集が載っているフリーペーパーだった。
    何気なくそれを持って帰り、見つけたのは立川駐屯地内にある食堂でお掃除のバイト。
    期間は一年と短いものの、どうせ受かるわけでもないしと応募してみたら、まさか受かってしまった。

    そこで出会ったのは――。

    立川駐屯地の食堂の掃除のバイトをしている岡崎 紫音と、CH-47、通称チヌークのヘリパイである乙幡 和樹とのお話。


    ★作中内にてチヌークが配備されていることになっていますが、実際にこの駐屯地には配備されておりません。架空の設定であることをご了承ください。

    ★この物語はフィクションです。実在する団体及び登場人物とは一切関係ありません。

    ★アルファポリス(R指定ありの完全版)、カクヨム(R指定なしの改稿版)にも投稿しています。

    0クル

    カテゴリー内順位1104位 / 5,694件

    ジャンル内順位252位 / 807件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    オフィス・勤務先
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    軍隊
    その他の要素
    らぶあま
    純愛
    年の差
    溺愛
    職業もの
    ハッピーエンド
    暴力・流血描写あり
    レイティング
    R15
    プティル恋愛小説大賞
    プティル恋愛小説大賞
  • ドSな師匠と指輪と私

    饕餮

    都会で働いていた私は色々あってそこを辞め、再出発するつもりで地元に戻ってきた。 
    途中入社だけど、地元にもある業務用食品を扱う会社の倉庫に就職する事ができた。27にもなるのにバイトなのは情けないけど、社員は男性しか募集してなかったから仕方ないし、バイトでも仕事をさせてもらえるだけ有り難いと思う。 
    アットホームな人たちにホッとしたのはいいんだけど……なんか、変な人たちがいませんか!? ボケまくる人たちに、初日から素が出てしまった私は悪くないはず!

    そこで素敵な人にも出会ったけど、彼は左の薬指に指輪をしている人だった。でも、惹かれて行く気持ちは止められなくて……。すごく優しい人なのに、そんな彼は私に対してだけ鬼畜ドSな人だった!

    「あ~、園部さん、ちみっちゃいもんな~」
    「誰が名前と一緒で雀みたいにチビですかっ! 私より他の人が大きいんですってば!」

    そんな突っ込み体質な園部 雀(27)と、鬼畜ドSな寺坂 良裕(32)のお話。

    ★サブタイの後ろにある★は寺坂視点です。

    ★ この物語はフィクションです。実在の人物及び団体等とは一切関係ありません。

    ★アルファポリス、カクヨム(現在非公開中)でも公開していますが、アルファポリスはR指定の完全版、カクヨムはこちらと同じRなしの内容です。

    ★毎日18時更新。

    0クル

    カテゴリー内順位1104位 / 5,694件

    ジャンル内順位252位 / 807件

    (0)

  • 私の彼は、空飛ぶイルカに乗っている

    饕餮

    親友に連れられて初めて行った入間基地の航空祭。基地の近くに住んでいるというのに飛行機に全く興味がなかった。だけど初めて見たブルーインパルスに、とても感動した。
    そこで怪我をしてしまって困っていたら、ブルーのツナギを着た人が声をかけてくれて、助けてくれた。その事がきっかけでごはんを食べに行く事になったんだけど、その話の中で知ったのは、ブルーのツナギを着た人は航空祭で感動したブルーインパルスのパイロットで?!

    ブルーインパルスどころか自衛隊のことを何も知らない一般女性の江島 ひばりと、ブルーインパルスの四番機パイロットである藤田 章吾の物語。


    ★このお話はコラボ作品です。
    他サイトに掲載している
    鏡野ゆうさんの『今日も青空、イルカ日和』
    佐伯瑠璃(ユーリ)さんの『アグレッサー部隊長は癒されたい』
    この二作品出てくる名前がちらほら出て来ますが、お二人には許可を得ています。

    ★アルファポリス、カクヨムでも書いています。

    ★この物語はフィクションです。実在の団体及び登場人物とは一切関係ありません。そして自衛官んは絶対に話の内容のようなことをしないので、信じないでください。フィクションなので。

    0クル

    カテゴリー内順位1104位 / 5,694件

    ジャンル内順位252位 / 807件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    OL/サラリーマン
    軍隊
    その他の要素
    らぶあま
    ドロドロ
    年の差
    溺愛
    職業もの
    ハッピーエンド
    レイティング
    R15
    プティル恋愛小説大賞
    プティル恋愛小説大賞