水城 優

(ミズキ ユウ)

今までため込んでいた心の引き出しから、これをと思うものを小説にしています。

  • ルーターの覇者ー呪詛の札と十三人の幽者たちー

    水城 優

     一〇年戦争末期、略奪王ジャイバに反旗を翻す反政府軍。その若き兵士ユン・ミラルダは幼馴染で上官のマニラと共に、生き残った同胞たちと国境間近のMrディアに差し掛かる。そこで政府軍の待ち伏せと同胞の裏切り遭い、部隊は全滅し自らも重傷を負う。死んだ仲間たちから青白い人型の魂が天に向かって飛翔する光景を見て自らも死を覚悟する。
     目が覚めると、緑豊かな草原の只中に一人横たわっていることに気づく。そこで、はとぶういう獣とミルクという少女に出会う。二人からここが修羅界で『潜在の条件』に従い選ばれた異人同士が殺し合う回転する大陸ルーターだと知らされ驚愕する。
     敵地との境界線にあるグリーンフォレストに食糧の調達に来た三人は、森の奥に人間が住む街を発見する。そこはソウルマンと呼ばれる異人が人間たちから魂を抜き取るため、人間農場と呼ばれる施設を作っていた。両親を殺したソウルマンを見つけたミルクは、深夜単独で人間農場に向かう。轟音と共に目が覚めるユンとはとぶうもミルクを追って人間農場へ。そこではすでにソウルマンと魂側の人間たちの戦いが展開。戦闘の中、ミルクを見つけ出した二人の前にソウルクエメンという不気味な男が立ち塞がる。彼の中には五つの人格が存在しており、そのうちの一人、優位のクエメンを倒すのに成功したユンだったが、倒れた直後に殺意のクエメンが現れる。窮地に陥ったユンたちを救ってくれたのが、レディーケイと名乗る謎の美女だった。 
     窮地を脱した三人はミルクの祖父が住む人間の街、亜人街へ向かう。亜人街に着いたユンはそこで、おしゃぶりをつけた五歳の童に出会う。この童こそ亜人街の盗賊王ドン・コルネオで、ミルクの祖父であった。そこでコルネオから分離の呪いから魂と肉体を半分ずつに分けられてしまっていると告げられ、ユンは自分の天命を知る。
     ユンは自分の分身を捜すべくはとぶうを伴い、禽視の能力をもつという盗賊女帝ネーババの住むオアシスに旅立つ。旅の途中、烏賊団に魂を抜き取られた少女、チャイを保護する。ユンは禽視の能力で自分の分身を捜してもらうことと引き換えに、ネーババと共に烏賊団の本拠地、流砂の砦に赴く。

    0クル

    カテゴリー内順位1167位 / 4,273件

    ジャンル内順位794位 / 2,260件

    (0)

  • キッス・ミーー悪を憎んで正義を撃つー

    水城 優

     遠い、遠い過去の話。
     世界に大陸が五つであると信じられていた時代、フェザーン大陸の実業家が六番目の大陸を発見する。 新大陸は、発見者の名をとってミロスと名づけられた。
     ミロス大陸は東部・中部・西部に分割され、連邦政府によって暫定的な統治がなされていた。 しかし西部は、その大半が砂漠に覆われた不毛の荒野であったため、連邦政府の権勢も届かず、ならず者どもが蔓延る無法地帯と化していた。
     荒野の砂漠をテンガロンハットにミニスカ姿の少女が、ホルスタインの牛と共に旅をしていた。彼女はキッス・ミー、牛はモウモウという。砂漠のど真ん中で、二人を呼び止める声に気が付く。あたりを探せど人っ子ひとり見当たらない。声の主はなんと拳銃であった。彼はその昔兵器工学の権威ワイアット教授の手によって生み出された武装獣であった。 彼をMJと名付け旅をすることになったキッスたち。
     岩石砂漠で老婆のヤンバーと知り合う。彼女に誘われ、西部最大の街、ジャッジシティーを目指すことになる。その途上、砂漠で苦しむ大男を見つける。介抱しようと近づくが、男に銃を突きつけられる。男の正体は、この地域の顔役クライトンの息子スモールジョニーであった。隙をつき難を逃れるが、ヤンバーを人質に決闘を強いられる。抜き打ちざまにMJは盗賊ではなく、ヤンバーを誤射してしまう。自暴自棄となるキッスの目の前に死んだはずのヤンバーが蘇り、ライフルで盗賊どもを追い散らしてしまう。
     MJは正義の銃であるため、直接悪党を退治することが出きず、代わりに正義の心を持った者を撃って、その者に悪党を退治してもらうのだ。これが彼のモットー〝悪を憎んで正義を撃つ〟である。
     ヤンバー宅の軒先で待つキッスの前に、ピッピという少年が現れ、命を狙われる。誤解を解こうとしたが叶わず、やむを得ず酔っぱらいの爺さんを射殺?し、難を逃れる。暗がりを伝い、辿り着いたチザムの酒場でまたしてもスモールジョニーに絡まれる。窮地を救ってくれたのが、酒場の歌姫クレメンタインであった。翌日、キッスはヤンバーの東遠の娘、お竜を出迎えにガント駅に赴く。正午過ぎ、駅柵内で大爆発が起こり、大挙暗殺者が乗り込んできた。

    0クル

    カテゴリー内順位1167位 / 4,273件

    ジャンル内順位794位 / 2,260件

    (0)

  • 風のセレナーデーこんにちは人間界ー

    水城 優

    下位天上界に悪戯好きのお転婆天使が住んでいた。名はセレナーデ・バストゥールという。父ヨハンセンと母ジョアンナ、そして魂の双子である幻獣パッツィーの四人で暮らしていた。
     十三歳の誕生日間近のある日。ヨハンセンから天の旅路を言い渡され、ショックを受けるセレ。落ち込むセレに助言を与えてくれたのが、精霊魔法の師のアルティシアであった。天の旅路の志願者として、大聖賢天使、アグネスより祝辞を授かる。セレは人間界に見習い天使としての修業に赴く。
     人間界に来た二人は、町で借りの住まいを見つけようとする。そこである少女に声を掛けられ、ついて行くが、見知らぬ路地裏に誘い込まれ、浮浪児の集団に襲われ無一文となる。途方に暮れた二人を救ってくれたのがセバスチャンという男であった。彼の家には気難し屋の姉ヘルマーユがいたが、何とか一晩だけ泊めてもらうことに成功。その家で、二人を騙した茶髪の少女ブリジッタと鉢合わせとなる。彼女は二人の姪であった。盗みを働き、そのことを咎められたブリジッタが家を飛び出す。セレと教会の壊れた塔の上で仲直りをし、夜空をランデブーする。
     翌日、彼らの住まいがある地の町について行くセレとパッツィー。地の町は三十年前の地殻の変動で天の町の一区画が陥没してできた町で、住民は貧しく暮らしていた。住民たちは自力では生活していくことができないため、僅かばかりの食糧と引き替えに天の町からでる大量のゴミ受け入れ、その処理を強要された。ゴミ船が地の町にゴミを落としていくと、美しい盆地がゴミと悪臭で汚されていく。それを知ったセレは天の町の住民に怒りを覚える。
     ゴミ船の第二便が飛来したが、いつになってもゴミ一つ降ってくる気配はない。すると、手足をバタつかせ落ちてくる者が目に飛び込んできた。危ういところで、セレの精霊魔法により男は救われる。男の名はマレルという。彼は何者かに狙われていた。事情を問うも、頑なに口を閉ざしてしまう。パッツィーの気転により、何とか男の素性を聞きだすことに成功。マレルは天の町の行政長、メイナードのもとで情報管理の仕事をしていた。そこで知ってはならない彼とその一派の秘密を知ってしまう。
     

    0クル

    カテゴリー内順位1167位 / 4,273件

    ジャンル内順位794位 / 2,260件

    (0)

  • ぼくの彼女は人造人間―神々の刺客―

    水城 優

     神々が、地上最強の種を覇者(人類)とそれ以外の種を亜種等(あしゅら)と定めから数千年のときが流れた。覇者たる人類は、自らの繁栄のため亜種等たちの暮らす森や川、海などの住処を次々と奪っていく。追い詰められた亜種等は神々にあるお願いをした。
    〝どうか地上から覇者たちを抹殺してください〟
    その願いは天空の彼方にいる神々に聞き届けられる。
    科学技術都市、テクノピア郊外のとある森の一角、自然に身をゆだねる少年が一人いた。彼の名前はサトル。彼には常人に聞き取れない万物の声が聞こえる。傍らには頼れる人工生命体の相棒、サッチがいた。二人はサトルの進学祝いを兼ねた小旅行の途上であった。
     そこへサトルの心に助けを求める声が聞こえる。急ぎ救援に向かう二人は、森の中心部で飢えに苦しむ風変わりな老人とその従者を救う。老人の正体は疫病神、従者はカンガール犬のそらであった。助けた礼にと厄病神から神々の陰謀について聞かされる。まもなく新たな種が出現し人類を滅ぼすという。
     事実を知ったサトルたちは急ぎ、テクノピアに戻るが、途中二人はグリーンパトロールに呼び止められる。そして同乗していた公安局員から、サッチが一世紀前の重犯罪者の魂を宿していることを知り衝撃を受ける。サッチを庇うサトルであったが、不覚にもサッチに後頭部を強打され気を失ってしまう。
     サトルが目を覚ますとそこはびょいんであった。医療ロボットからサッチが重犯罪者を投獄するマドカトラズに送られたことを知り愕然とする。そんなサトルに力を貸してくれたのが森で助けた疫病神とそらであった。二人の力を借りてマドカトラズに潜入を果たしたサトルはそこでサッチと再会を果たす。彼女と旧知の仲のポポル教授を探し出し、五人は島を脱出する。
     神々の陰謀を知って数日後、上空に神々が突如現れ、宿業のカセにより人類に代わる新たな覇者を地上に降臨させることを宣言する。地球連邦政府の頭脳であるドクトル・マザーが警戒を強めるなか、神の啓示通り、天を衝く長人トールマンが出現し人類の壊滅に動き出す。
     一方、サッチの過去を知るためサトルたちはとある研究所を目指す。そこは一世紀前地球連邦政府転覆を企んでいたドクターシグマの秘密研究所であった。数々のトラップを潜り抜け研究所潜入に成功する。そこでいよいよサッチの過去が明らかにされようとしていた。

    0クル

    カテゴリー内順位1167位 / 4,273件

    ジャンル内順位794位 / 2,260件

    (0)

  • うらめし絵日記-浦島太郎と受け継がれし二つの迷秘宝ー

    水城 優

     いまどきいまどき、海辺の町に浦島太郎の子孫が住んでおったとさ。

    浦島家には、代々引き継がれているしきたりがあった。それは『太郎拝命の儀』である。これは、浦島家の長男が十九歳になると、太郎の名を受け継ぐのである。浦島佑太郎も御年十九歳となり、第八十五代浦島太郎となる。
    太郎の叔父、小次郎は小江戸川越の大学の助教授であるが、友人の誘いを受け、現地で四年間教鞭を執るべくアメリカに旅立つことになった。そのため太郎は小次郎が建てたうらめし荘の管理人代理として新天地川越に赴く。小次郎が旅立つ直前、浦島家に伝わる二つの迷秘宝、玉手箱(願望を叶える煙)とマジックシェル(異世界とをつなぐ扉)についての秘密を知る。
    太郎は興味半分からマジックシェルを使い、天上界の清楚な美少女メル・リーと知り合いに
    なる。ところが、彼女の妹、ポロンが地獄界の悪魔たちによってさらわれてしまい、太郎はメル・リーと共に地獄界へと旅立つ。
    その頃、地獄界では悪魔大王の娘であるアクマコの花婿選びが執り行われていた。花婿選びの会場に現れた太郎たちは、ポロン救出の条件としてアクマコの花婿候補、巨獣ギランと対決することになる。玉手箱の力を使い辛くも勝利した太郎を、アクマコが見初めてしまい、状況は思わぬ方向に動いていく。
    とある夜、うらめし荘を高温多湿の暑さが襲う。その暑さはマジックシェルから漏れ出したものと判明。どうやら、熱の発生源は獣界であることが分かった。獣界に赴く太郎は、そこで高熱と掻痒感で苦しむパンダヌキのポンちゃんを救う。話を聞くと、獣界のお尋ね者にやられたという。太郎たちは、二悪獣の逮捕劇に付き合わさられる羽目となる。
    夜な夜な地下室から怨霊ともつかぬ声が聞こえてくる。マジックシェルが示す先は何と魔界であった。正体は魔界のどんこと、闇太郎であった。闇太郎は、世に埋もれしお話界の太郎たちに成り代わり、太郎に挑戦状をたたきつけてやってきたのであった。
    乙姫主催のパーティに呼ばれたうらめし荘の住人たち。太郎はそこで、浦島太郎のお話に登場しているという五捻童子と出会う。彼らは浦島太郎と乙姫の恋の橋渡しをしたのに物語では粗略に扱われていることに腹を立てているという。そして、太郎に復讐戦を済ませた後に、五捻童子という絵本を世に出版したいと、熱く思いを語るのであった。

    0クル

    カテゴリー内順位1167位 / 4,273件

    ジャンル内順位19位 / 214件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10歳未満
    主要登場人物の属性
    大学生
    幼馴染
    天使
    魔法使い/魔女
    動物
    その他の要素
    剣・魔法
    日本←→異世界
    ラブコメ
    コメディ