くら智一

  • WIZARDWARE魔法戦記「ソフトウェア魔法VS.影の王」  外部URLを開く

    くら智一

    ~WIZARDWARE(ウィザードウェア)魔法戦記シリーズ第1弾~

     アキムは結論を迫られていた。上空に浮かぶ「影の王」の輪郭――真球の姿をした巨体、圧倒的殺戮能力を持つ人類の宿敵は、現在100年の眠りについていた。目覚めるまでの期限はあと12年。かつて滅亡の危機に瀕したレジスタ共和国は対抗策を講じていたが、武器は「魔法研究所」が開発を続ける魔法弾のみ。木々を揺らすだけの弱い光の塊に比べ、敵の大きさは直径50メートル。巨大さから「第3の天体」とも喩えられる。

     彼は無理難題を解決する為、戦闘中とある知識に目をつける。別の世界に存在すると文献に記載された「ソフトウェア」と呼ばれる情報技術だ。世界を仰天させるアキムの謎解きが幕を開ける。   

    ★主人公が「魔法弾」と呼ばれる小さな光の塊を、ソフトウェア(C言語プログラミング)の仕組みと独創的な発想で拡張させ、巨大な敵と戦う物語。ページをめくった瞬間、ファンタジー戦記&SF&ミステリーの複数ジャンルを網羅した新しい世界が飛び出します。徐々に明らかとなる敵の正体と世界観……。ラストまでどうぞお楽しみください。   

    ★本作は情報技術を嘘偽りなく魔法とファンタジーで表現したITの手引書でもあります。読み進めることでコンピューターやプログラミングの知恵・知識を習得できます。   

    ☆ジャンルは異世界ミステリー。ツギクル分析ではミステリー要素が最も高く、SFからジャンル変更を薦められました。現在、リンク先の投稿サイトでは、謎を重視する推理(文芸)という位置づけです。

    19クル

    カテゴリー内順位223位 / 3,322件

    ジャンル内順位1位 / 54件

    (2)