君にはちょっと難しい話 (外部サイトで読む

清水 幸

 西暦2080年、妻のねねが最期のときを迎えようとしていた。50年連れ添った妻が死を迎える前に、夫である西浦創は一つの決断を下した。
 創とねねは72歳。結婚してちょうど50年目。だが二人が出会ったのは60年前の二人が中学一年のときだった。二人はクラスメートだった。二人は惹かれ合い、幼い愛を育んだが、ねねには不思議な能力があり、それを気味悪く思った創がねねを見捨てる形で二人は別れてしまった。
 その別れを後悔して、創はねねを必死に探して、西暦2030年、創が大学を卒業し会社に入社した年にねねと10年ぶりに再会した。再会したときねねは彼女の母親と同じく風俗嬢となっていた。二人はその後結婚したが、創はねねと離れ離れになった10年間を、そして妻のかつて風俗嬢であった悲しい過去をなかったことにしたいとずっと思っていた。それは一番にはねねのためであったが、創の贖罪のためでもあった。
 ねねの余命がわずかになったことが分かって、創はかねてから胸に温めてきた計画をねねに打ち明ける。創はねねの不思議な能力の力を借りて、60年前の西暦2020年の世界へと旅立つことになった。
 ねねの悲しい日々をなかったことにするために。72歳の創は西暦2020年の世界で12歳の自分自身と出会う。12歳の創がねねとつないだ手を決して放さないようにするために、老人の創は中学生の創に、当時は嫌われ者だった戸川ねねがどれだけ将来の自分にとって必要な存在となるか、心を込めて話すのだった。
 中学生の創は戸惑いながらも、いじめっ子たちからねねを守ろうとするが――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クラスメート
    気味
    贖罪
    西浦創
    余命
    最期
    戸川ねね
    決断
    いじめっ子たち
    老人
    母親
    風俗嬢
    中学生
    幼い愛
    悲しい過去
    悲しい日々

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち