『手袋と赤ん坊』(『北米先住民の民話』) / ふくだぺろ

BOOK SHORTS(ブックショート)

ある女が赤ん坊を産んだが、あまりに小さくて、人に笑われるんじゃないかという不安にとりつかれ、手袋にいれて川に流した。不安ではない。赤ん坊が流れたのだ。赤ん坊は手袋とともに川を下る。手袋は赤ん坊に愛情を持っているが、一方でいつまでも守れるのではないことも知っていた。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
どんな小説なのか、ぜひ読んでみてください。

クルミちゃん

どんな小説か…?それは読んでのお楽しみ!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち