木久征士

(キクマサシ)

戦国時代や三国志など、英雄の生き様や恰好いい武器が好きな木久征士です!

  • アルカディア戦記〜白銀の王スターツ〜  外部URLを開く

    木久征士

     神統暦47年。古代文明が世界各地で成熟を極めていた。メソポタミア、エジプト、インダス、中華。四つの地域を筆頭に発展するが、逆に発展していない未開拓領域が数多く存在していた。
     文明地域から見れば野蛮な辺境の一つ、ギリシアは大小の国家が乱立し群雄割拠の体を成していた。その一つ、アーカディア王国の第二王子スターツ・ディ・アーカディアはある日、諸将に招集をかけた宰相から、隣国同士の戦争に乗じて漁夫の利を得るように要請がかかった。
     敵は、最強の戦士を有する『スパルタ』と、最硬の鉄壁陣形を誇る『ピュロス』。相反する強さを持つ二つの国を制するため、スターツは親友で幼馴染の二人と共に戦場に赴いた。
     一騎当千の武勇に優れて純粋な性格のレオン、天稟の才能を持ち謎の武具『神器』を知るリーフィル、そしてカリスマ的な魅力を秘めるスターツ。

    『未来は、我が名と共にあり!』

     いずれも十歳の彼らはそれぞれ異なる才能を発揮し、とある少女と交わした約束を果たすために、世界に挑む。幼馴染と共に戦場を駆け抜ける、バトル、戦略、戦術、内政、外交まれに恋愛がてんこ盛り!
     成熟した文明と未熟な文明が衝突する古代戦記ファンタジー物語です。
    ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは一切関係がありません。

    0クル

    カテゴリー内順位969位 / 6,402件

    ジャンル内順位28位 / 128件

    (0)

  • 裏切られて焼死した皇帝は、異世界で虹剣と最強の仲間を従えて返り咲きます。  外部URLを開く

    木久征士

    古代世界の三分の一を支配する超大国、神聖レイダルス帝国。アステル・イル・レイダルスはわずか15歳で皇帝に即位すると、絶大なカリスマ性と帝国最強の名を轟かせる『十二神将』を従え、たったの7年で全世界を征服した。世界は彼によって平和が約束された――――かに思われた。
    帝国宰相アブスルゴに突然裏切られて追い詰められ一騎打ちするも、一瞬の油断から致命傷を受けてしまう。

    「これで……すべてが……終わる……」

    彼は自ら敗北を認めて帝国の滅亡を見届けると、燃え盛る帝宮の中へと消えていった。

    女神と対面した彼は、彼女からあることを聞く。配下が違う世界に転移したこと。謀反人アブスルゴも一緒に転移したこと。そして、異世界で皇帝になって欲しいということ。

    「なってやるさ。世界を統べる皇帝に」

    彼は女神の叱咤激励によって決意すると虹色の剣を受け取り、配下たちがいる異世界に転移した。

    各地を旅する彼の元には、さまざまな強さを秘める仲間が集う。
    蛇腹剣を操る少女カリス、狼種族の頂点である蒼狼が人化した獣人チーノ、彼の親友で帝国最強の将軍マルス。
    カリスマ性溢れる彼が愛剣の虹剣を携えながら最強の仲間を得て、皇帝に返り咲くための物語が幕を開ける!

    0クル

    カテゴリー内順位969位 / 6,402件

    ジャンル内順位599位 / 3,233件

    (0)