白秋の蝉」のスペシャルサンクスページ

スペシャルサンクスページでは、本作品に対して「応援する」ボタンを押したユーザーを掲載しています。ユーザー名の大きさは読者ランキングの順位が反映されるので、ランキングを上げて大きな文字で応援しましょう。

応援しているユーザー

作者からの感謝の言葉

ご拝読ありがとうございます。

高校の頃に文化祭で書いた脚本を小説化しました。

問題視され、我が放送部は危うく壊滅の危機に…という問題作でした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。