あなたへのおすすめ

  • 夢の終わり ~蜀漢の滅亡~

    久保カズヤ


    「─────あの空の極みは、何処であろうや」

    三国志と呼ばれる、戦国時代を彩った最後の英雄、諸葛亮は五丈原に沈んだ。

    蜀漢の皇帝にして、英雄「劉備」の血を継ぐ「劉禅」
    最後の英雄「諸葛亮」の志を継いだ「姜維」

    天下統一

    それを志すには、蜀漢はあまりに小さく、弱き国である。

    国を、民を背負い、後の世で暗君と呼ばれることになる劉禅。
    そして、若き天才として国の期待を一身に受ける事になった姜維。

    二人は、沈みゆく祖国の中で、何を思い、何を目指したのか。
    志は同じであっても、やがてすれ違い、二人は、離れていく。
    これは、そんな、覚めゆく夢を描いた、寂しい、物語。

    0クル

    カテゴリー内順位1071位 / 6,120件

    ジャンル内順位31位 / 125件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    海外
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    30代
    40代
    50代以上
    主要登場人物の属性
    貴族
    軍隊
    その他の要素
    戦争・戦記
    チートなし
    中華後宮
    内政
    策略・陰謀
  • やすぶきみひで

    近江六角家最盛期を作り上げたとされる六角定頼。
    彼の子供で男子は、六角義賢ただ一人。
    しかし、定頼晩年に一人の男の子が生まれる。
    この史実に存在しない筈の六角定頼二男は、戦国の世にいかなる変化を齎すのか。

    この物語は、もしかしたらありえたかもしれない戦国の世の結末の一つである。

    22クル

    カテゴリー内順位183位 / 6,120件

    ジャンル内順位8位 / 125件

    (0)

    時代
    中世
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主要登場人物の属性
    軍隊
    戦士
    その他の要素
    戦争・戦記
    策略・陰謀
  • 遊海 実

    これは、「世界史の」巨大な分岐点において、
    あってはならない未来を知ってしまった男の物語。

    チートな能力も知識も、準備の時間や、権力者とのコネも何の力もないのに、
    とんでもない未来が来ることを知ってしまったら、
    あなたなら、どうしますか?

    亡国の予言者は嫌われ、迫害され、時には殺されるのは世界中で起きてきた事実。
    声をあげれば、友人、親戚は背を向け、仕事も、金も何もかも失うかもしれない。
    そんな中で、あなたなら、声を上げることが出来ますか?

    あるいは、知ったことから目を背けて、知っていた通りの未来が来た時、
    あなたは仕方なかった、で済ませることが出来ますか?

    欧米列強が侵略の牙を剥く中、現実から目を背けていた日本。

    そんな日本の夜明けは本当に来るのだろうか?

    96クル

    カテゴリー内順位84位 / 6,120件

    ジャンル内順位4位 / 125件

    (1)

    時代
    古代・過去
    舞台
    日本
    海外
    パラレル
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    20代
    50代以上
    主要登場人物の属性
    少年
    軍隊
    その他の要素
    戦争・戦記
    ヒストリカル
    歴史考察
    策略・陰謀
    シリアス
  • ももち ちくわ

    舞台は聞けば、だれもが心ときめく日本、戦国乱世の時代。

    尾張を統一した信長は、今川義元に難癖をつけられ、3万の兵で攻められ、命からがら打ち破り、下級兵士たちの反乱を抑えるために合婚(ごうこん)を行う。

    そんなふざけたことをした次は、意外と真面目に領国経営をしたり、のちの徳川家康をいびりたおしつつ同盟を結んだり。

    7年かけて美濃を手に入れれば、ノリで岐阜と改名したり、天下布武の印鑑を作ったりなど、やりたい放題である。

    そんなことをしていると、足利義昭が泣きついてきて、上洛の大義をゲットし、京に上ったのだが、京の薄味にこりごりとなり、白味噌と赤味噌を混ぜ合わせて、京の味の変革に精を出す。

    そして、足利義昭をなんとか将軍につけたはいいが、彼は傀儡になるのを嫌がる始末で手に負えないので、相撲大会で義昭をふるぼっこにしたりもする。

    そんな信長を家臣や民は愛してやまないのである。

    この物語の主人公である信長やその家臣たちは、戦乱で荒み切ったひのもとの国を変えようと、今日も四苦八苦していくのであった。


    筆者独自の解釈による武将たちのかけあい。そして、飛び交う策謀とそれに関わる人間たち。
    泣き、笑い、怒り、そのたびに成長していく武将、下級兵士、果ては農家生まれの娘たち。彼らはこの戦国時代に何を見、何を感じ、何を成し遂げていくのか。

    ひのもとの国を代表する大馬鹿者、織田信長を中心として巻き起こる長編歴史IF戦記、ここに開幕。

    1クル

    カテゴリー内順位699位 / 6,120件

    ジャンル内順位24位 / 125件

    (0)

  • 高里まゆ(のの)

    欧州 十字軍の時代 帰らぬ恋人を待ち続ける娘に訪れた
    残酷な運命

    0クル

    カテゴリー内順位1071位 / 6,120件

    ジャンル内順位31位 / 125件

    (0)

    時代
    中世
    舞台
    海外
    主要登場人物の属性
    少女
    その他の要素
    ヒストリカル
  • 匿名

    私が、ネタニヤフに関し思うのは、彼は、まあ、大統領である。自分が、殺したいから、ガザ地区の人を殺しているのか、それとも、イスラエル人とか、他のユダヤ教徒の、代表として、彼らを殺す様に決定しているのか、どちらなんだろう という事である。預言者は、他人の話を聞くものである。ので、預言者は、他人の意思を実行するものであろう。もし、ネタニヤフが、預言者風のキャラクターであるなら、彼の意思に反し、ユダヤ教徒の意思を持って、ガザ地区の人々を殺しているのであろう。もしそうなら、ネタニヤフを、暗殺しようと、解雇しようと、ガザ地区への虐殺は、止まる事はない。新たな預言者が、ユダヤ教徒の意思を、実行するだけである。一方、もし、ネタニヤフの意思で、殺しているのなら、彼を殺せば、止まるかも知れない。さあ どちらだろう。もし、ネタニヤフが、自分の意思で、行動しているなら、彼は 預言者 というよりは、王なんだろう と 思う。おそらく前者であろうと思う。ガザ地区の人々が、救われる手段は、全面降伏しかないのかも知れない。しかし、全面降伏したものに対し、ユダヤ教徒が、投降させるシステムを持っていると思えない。じゃあ、彼らは、外国に逃げるしかないと思う。彼らの逃げ道を作らないといけない。あそこに、イスラエルの植民地を作らせたのは、イギリス人である。イギリス人には、ガザ地区の連中を、避難させる義務があるし、もし、ガザ地区から、イスラム教徒や、アラビア人や、異邦人・・・非ユダヤ教徒 が 全員いなくなれば、イスラエル人や、ユダヤ教徒の、悲願も成就するのである。イギリスは、当初の計画を、完結させるべきだ。と 同時に、ガザ地区にいる異邦人を、逃れさせないといけない。まあ、もし、ガザ地区の異邦人が、全員いなくなったら、他に彼らは、手を出すかも知れないが。どこまで増長する、ユダヤ教徒。ただ、さしあたっては、ガザ地区である。その次の問題が起こったら、その時に考えればいい。

    0クル

    カテゴリー内順位1071位 / 6,120件

    ジャンル内順位31位 / 125件

    (0)

    時代
    現代