あなたへのおすすめ

  • 絶鬼魔王 紅鬼

    どうも 白神しろがみ 氷こうりです。

    突然ですが俺「美少女」になりました

    昨日までバリバリの男でした。でも朝起きたら美少女化していたんです。
    どこぞのエロゲーみたいな状況に困惑してます

    昨日は友達と遊びにいって、ご飯作って勉強したあとお風呂に入って寝た。
    別におかしなことはなかったはず・・・・とりあえず着替えよう

    「うんっっしょ」
    うん、声も可愛い。自分じゃなかったら告白してたよ。

    とりあえず今日は休みだから助かった。
    とりあえず 学園長おじいちゃんに電話しよう。

    なぜあまり驚いていないのか。それはこの世界には魔法があるからだ。

    この世界は科学や魔法、能力などが同時に大きく発展している。
    もちろんアニメやラノベなどもあり、想像力も豊かである。

    俺自体ラノベや漫画、ゲームやイラストなどで多少稼いでいる。

    まあこんな話はおいといて 学園長おじいちゃんに電話しよう

    「もしもしおじいちゃん?俺、氷だけど。朝起きたら美少女化してたんだけど」

    「・・・・このしゃべり方、本当に氷のようだな」

    「まあ、声も姿も可愛い美少女化してるからね。・・・・自分でいっといて恥ずかしい」

    「恥ずかしがってどうする!!誇れ!!声からわかるこの美少女感!誇るんだ!」

    ・・・・言い忘れたがおじいちゃんはかなりの美少女好きである

    「お兄ちゃん、起きてる?」
    「兄さん、起きてますか」
    「兄上よ。起きておるか?」
    「兄者よ!起きとるか!」
    「こう兄、起きて~」

    ・・・・ご紹介しましょう。俺の可愛い妹たちです。

    背の高い順から、此花このは、咲良さくら、梨花りんか、煉瓦れんか、菫すみれ
    ・・・・1男5女です。

    妹たちは俺みて驚いた。・・・・すみれ以外

    「こう兄の匂いがする~お姉ちゃんこう兄?」

    「う、うんよくわかったな。すみれ。」

    「「「「え~~~~~~~~~~~~!」」」」

    家族からここまで驚かれるならクラスはどれくらい驚くのだろう。
    妹たちの声で意識がとびそうになりながら氷はおもった。

    0クル

    カテゴリー内順位989位 / 6,216件

    ジャンル内順位625位 / 3,125件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    学校
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少女
    小学生
    中学生
    高校生
    幼馴染
    その他の要素
    剣・魔法
    ハーレム
    ラブコメ
    TS/性転換
    同性愛
  • こちら、陰陽相談所~"妖怪"は目に見えなくてもちゃんと存在するのです☆~

    日暮ミミ

    20歳のフリーター・堀田美咲は,ある日バイト先のカフェをリストラされてしまう。
    生活がかかっているため早速次の仕事を探し始めた彼女は,ネットで「嵯峨野〈さがの〉よろず相談所」という怪しげな企業の求人を見つける。
    何だかよく分からないまま,「ここならすぐにでも採用されそう」と応募メールを送ると,その日の夕方に面接に来るようにと連絡がくる。
    夕方,面接に向かう美咲の前に現れたのは謎の浮遊物。――実は彼女,妖怪などの類が見える体質だったのだ!
    浮遊物に導かれて辿り着いたのは,大きな屋敷。その屋敷の主こそ,平安時代から代々続く陰陽師の若き末裔・嵯峨野大我(30)だった。
    パソコンのスキルと実践空手3段の腕を買われ,美咲は助手兼ボディーガードとして,日給7,000円で嵯峨野に雇われることになり……。
    妖怪・式神・呪術・超常現象――。これまでは「平凡」だった美咲の日常は,その日を境に摩訶不思議なものに囲まれた日々へと変わっていく――。
    そんな中,美咲も実は妖怪の血を引いていることが発覚し……!?

    0クル

    カテゴリー内順位989位 / 6,216件

    ジャンル内順位625位 / 3,125件

    (1)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    OL/サラリーマン
    妖怪
    その他の要素
    神話・伝承
    バディもの
  • 山村久幸

     とある異世界にある、神を崇拝する国の教皇は星の最高神より神託を受けました。
    「『原初の神』と対談し、後世に伝わるような書を書き起こせ。更には誰でもわかるような話にまとめろ」と。

     教皇はそれから時間をかけて、原初の神と対談し、苦心して書を書き起こしました。
     更にはその書を元に、幼き子も含め誰にでも伝わるように苦心して神話を作り上げました。
     教皇が書き起こした書は教国の聖職者のみならず、全世界の神学を志すものがよむこととなりました。

     この小説はそんな教皇が書き起こした書の内容です。

    ※下記、同時掲載予定サイト
    小説家になろう、カクヨム、アルファポリス、ノベルアップ+、MAGNET MACROLINK、エブリスタ、ノベルバ、ツギクル、NOVEL DAYS

    0クル

    カテゴリー内順位989位 / 6,216件

    ジャンル内順位625位 / 3,125件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    地球外
    主人公の性別
    それ以外(人間以外を含む)
    主人公の年齢
    30代
    年齢3桁以上
    主要登場人物の属性
    貴族
    人外
    その他の要素
    神話・伝承
    成長もの
    レイティング
    R15
  • モンショー

    ヴィクトルは極貧だった。
    食べるものも、着るものも、住むところも満足に与えられずに過ごしていた14歳最後の夜。
    15歳。スキルの宿るとされる年齢でヴィクトルが査定すると――結果は世界に5つしかない神ランクの一つ、【豪運】だった。

    幸運値9999という超絶幸せ指数を持ったヴィクトルは、彼を導く【天の声】と共に世界一幸せになることを目指していたのだが――。

    『あの女子と一緒にいれば、あなたは更に世界一の幸福に近付けるでしょう」

    【天の声】が指したその少女は、幸運値-9999を示す超絶不幸指数を持つ【不運】の持ち主だった!?

    これは【豪運】を持った超絶幸運少年と、【不運】を持った超絶不幸少女が世界一の幸せをつかみ取る物語。

    0クル

    カテゴリー内順位989位 / 6,216件

    ジャンル内順位625位 / 3,125件

    (1)

  • You

    子供が小学生になったのでスーパーで働き始めた主婦、高梨美香38歳。
    入って早々に担当になった第4倉庫は、スーパーとしては他言できない、黒い悪魔が出る倉庫だった。
    愛用のステンレス製レーキを振りかざし、週に1回黒い悪魔(黒くない時もある)と戦うパート主婦、高梨美香38歳の日常。


    パートのおばちゃんが異世界に行って、気が付かないうちに冒険が始まっている物語です。
    鈍感でのんきな美香さんが、可愛い仲間たちと一緒に異世界を巡る!

    0クル

    カテゴリー内順位989位 / 6,216件

    ジャンル内順位625位 / 3,125件

    (2)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    30代
    主要登場人物の属性
    主婦
    人外
    その他の要素
    剣・魔法
    日帰り
    日本←→異世界
    ご都合主義
    ダンジョン
  • 三毛猫ミィーミ♪

    ✴︎小説家になろう・アルファポリス・カクヨム・ノベルアッププラス・エブリスタに連載中✴︎


    ※あらすじ※

    俺は、ガルド=フレイ 18歳。

    早くに両親を亡くし、1人で生きてきたせいか 人と関わるのは苦手。

    そんな俺でも、自分の力が皆に必要とされれば断れない性分。

    ある日、村の外で魔獣が現れた時も 俺は村の人々の為に立ち上がった。 魔獣の討伐が、いかに危険であるかは理解している。

    しかし、誰かに必要とされる事に、俺は生き甲斐を感じていた。

    そして・・・運命の日が訪れる。

    俺はいつものように頼まれて村の外壁の修理をしていた。

    すると山の洞窟の方から、女性の悲鳴が聞こえ俺は悲鳴のする方へ向かった。

    そして俺は急いだ。

    洞窟の入り口付近に、倒れている女性を見つけた。

    その女性は、魔物に襲われ致命傷では無かったが深い傷を負っていた。

    そして女性は洞窟の中にまだ仲間がいるから助けて欲しいと言い、俺は洞窟の中に入って行った。

    そこには女性の仲間が魔物に襲われ血を流し倒れていた。

    俺はその魔物と戦い倒す事は出来たが、死闘の果てに生死の狭間をさまよう事になった。

    そして意識が遠のく中、誰かの声がした。

    それは神の声だった。

    神は俺に選択を迫った。

    世界を救い英雄王となるか、このまま死を選ぶのかと。

    俺は世界を救い英雄王となる道を選んだ。

    だが今に思えば本当にそれで良かったのかと思っている。

    ……そうこれは英雄王と呼ばれたガルドの物語である……

    0クル

    カテゴリー内順位989位 / 6,216件

    ジャンル内順位625位 / 3,125件

    (0)